野良猫を飼う前に・・お金の事、病気の事など注意点

 野良猫を飼おうか考えている方、特に猫の飼育経験がなく、初めての飼い猫が野良猫となる方。わからないことが多く、飼っていけるのか不安なこともいっぱいあります。

こちらの記事では、飼う前の心構えと言いますか、飼うとしたらこんなことがあるんだよ。というような
「お金のこと」「病気のこと」「懐くのか」「その他注意点」をまとめました。

※室内飼いを想定しています。

お金のこと

お金がかかる!

生き物を飼うということは、経済的に飼えるだけの余裕がなければなりません。

初年度は、1匹約5~10万円程度かかると思います。
※初期医療と飼育に必要なもの、ゴハン代等

初期医療
初診&触診 約1,500円
ワクチン接種 約4,000~7,000円
寄生虫検査・駆虫 約3,000~5,000円
血液検査 約5,000~6,000円
猫エイズ、白血病検査 約4,000~5,000円
去勢・不妊手術 約10,000~30,000円

計27,500~54,500円程度

全て行った場合の概算です。去勢・不妊はメスの不妊手術の方が治療費がかかります。獣医と相談の上、処置と時期を決めましょう。

飼育に必要なもの
ケージ 約5,000~20,000円
トイレ 約2,000~10,000円
食器 約500~1,000円
キャリー 約2,000~4,000円

計9,500~35,000円程度

キャリーは病院に連れていくのに必要になります。ケージも家の中の生活に慣れるまで必要になるでしょう。値段もピンキリですので、モノによってはもっとかかります。

ゴハンなど
餌代 約2,000~3,000円
猫砂、トイレシート 約1,000円

計3,000~4,000円程度

餌代は美味しいものを与えようとすればもっとかかります。


他にも、キャットタワーを用意してあげたり、おもちゃを買ってあげたり、ペット保険に入るなどあれば、それらのお金もかかります。

また、ウィルス性の病気にかかっていたり、大怪我をしている場合は、治療費が万単位でかかる場合もあります。

病気のこと

病気の場合もあります

野良生活していると何かしら病気を持っていることが多いです。

  • 猫エイズ(FIV)
  • 猫白血病(FeLV)
  • 猫風邪
  • ノミ・ダニ・回虫

特にウィルス性の病気の場合は、高価な抗生薬などを使う場合に、治療費が万単位にかかります。

猫風邪やノミ・ダニは、猫をよく観察してあげればわかりますが、ウィルス性の病気は発症していなければ、見た目には健康な野良猫と外見が変わりません。いずれにせよ病気のリスクは考えておいた方がいいでしょう。

懐いてくれるのか

離乳前の仔猫であれば、外での生活はまだ慣れていませんので、室内での生活もじきに慣れると思います。
問題は、大人の猫で、野良生活が長いため、室内での生活に慣れるまでが大変です。

    仲良くできるの?

  • とにかく外に出たがる
  • 昼夜問わず鳴き続ける
  • ゴミ箱をあさる
  • 警戒して懐かない

野良生活を続けてきていますから、野良猫にとってのテリトリーは外の世界です。いつもの居場所に行きたく、いつものように散歩をしたいことでしょう。悲痛な声で鳴き続けることがあります。

無視して鳴き止む、諦めるまで、猫と人のお互いの我慢が必要です。(1ヵ月以上続く場合もあります。)

※脱走を図ろうとするので、ケージから出す際は注意しましょう。網戸を破って脱走をする場合もあります。

また、野良生活でゴミ箱をあさって食い繋いでいたりすると、人間の味を覚えてしまっています。人が食べる物を欲しがったり、ゴミ箱をあさってお菓子やチーズなどの包み紙を舐めたりする場合があります。
こちらも徐々に猫用フードに慣らさせるしかありませんが、ゴミ箱やキッチンは荒らされないように注意が必要です。

そして、警戒心が強く、一生人慣れしない場合もあります。

これまで野良猫として生きてきていますから、時には子供に水鉄砲やボールの的にされたり、人の敷地に入り追い払われたり、棒で引っ叩かれそうになったり。そんな経験が少なからずあるかもしれません。
様々な経験から人のことを警戒している場合、年単位で慣れるまで時間がかかる場合があります。(場合によってはずっと慣れない)

保護する前に懐いている様子であれば、次第に慣れてくるとは思いますが、餌をねだる為に懐いてきている場合もあります。この場合は懐くまでに少し時間がかかるかもしれません。

いずれにせよ、飼おうと考えている野良猫をよく観察してあげて、その上で考えた方がいいでしょう。

その他注意点

あまりにも懐いてきて飼い猫かも?

と思うなら、保護する前に、ご近所さんに確認しましょう。
写真を撮ったり猫の特徴をメモし、状況を説明して確認した方がいいかと思います。回覧板をまわせるなら手っ取り早いです。

ご近所さんが飼っていないことが分かったけど、それでも心配。ということなら警察や保健所に連絡しましょう。
飼い主がいれば、保健所に問い合わせをしていたり、名乗り出ると思います。警察に遺失物として届ける場合、3ヵ月経っても飼い主が現れなければ、所有者不明の猫となります。

家の中がボロボロになるかも・・

壁紙、障子、ふすま、カーペット、ベッドのマットレス、家具・・など。爪とぎのターゲットになったらボロボロになることもあります。買い替えはお金かかりますね。こういったことも覚悟の一つです。

猫アレルギーの心配

今、猫アレルギーでなくても、今より猫と接することで猫アレルギーになってしまうこともあります。

ちょっと心配なようであれば、猫カフェに行ってみて、くしゃみや鼻水、目がかゆくなるなど、アレルギー反応が出ないか見てみてもいいかと思います。

ご家族、特にお子様がいらっしゃる家庭では心配ですよね。必要に応じて病院で医師に相談をするものいいかと思います。


以上になります。
上記にあげた他にも気持ちの面も大事です。生き物を飼うということは、いのちを預かる責任があります。その子の一生を面倒見れるかという気持ちも大事ですね。


スポンサーリンク

関連する記事はこちらです。