野良猫を保健所に引き取ってもらう手順

 野良猫が敷地内に住み着いている、仔猫をたくさん産んでしまった等、飼うこともできないし、かと言ってこのまま敷地内に住まわせるわけにはいかない。近隣住民に飼っていると勘違いされるのも困る。

居着いてしまって出て行かない。飼い主を探してあげたいけど探す時間が取れない。など。様々な事情でやむを得ず保健所に引き取りを考える方がいらっしゃるかと思います。

こちらの記事では、野良猫を保健所に引き取ってもらう手順をまとめます。

引取り手順の前に。動物愛護法での引取りの扱い

動物愛護法(動物の愛護及び管理に関する法律)では、犬及び猫の引取りについて第三十五条に記載があります。

第三十五条 都道府県等(都道府県及び指定都市、地方自治法第二百五十二条の二十二第一項の中核市(以下「中核市」という。)その他政令で定める市(特別区を含む。以下同じ。)をいう。以下同じ。)は、犬又は猫の引取りをその所有者から求められたときは、これを引き取らなければならない。ただし、犬猫等販売業者から引取りを求められた場合その他の第七条第四項の規定の趣旨に照らして引取りを求める相当の事由がないと認められる場合として環境省令で定める場合には、その引取りを拒否することができる。
2 前項本文の規定により都道府県等が犬又は猫を引き取る場合には、都道府県知事等(都道府県等の長をいう。以下同じ。)は、その犬又は猫を引き取るべき場所を指定することができる。
3 第一項本文及び前項の規定は、都道府県等が所有者の判明しない犬又は猫の引取りをその拾得者その他の者から求められた場合に準用する。
4 都道府県知事等は、第一項本文(前項において準用する場合を含む。次項、第七項及び第八項において同じ。)の規定により引取りを行つた犬又は猫について、殺処分がなくなることを目指して、所有者がいると推測されるものについてはその所有者を発見し、当該所有者に返還するよう努めるとともに、所有者がいないと推測されるもの、所有者から引取りを求められたもの又は所有者の発見ができないものについてはその飼養を希望する者を募集し、当該希望する者に譲り渡すよう努めるものとする。

出展:「動物の愛護及び管理に関する法律

上記、第三十五条3項の記載の通り、
「所有者の判明しない犬又は猫の引取りをその拾得者その他の者から求められた場合に準用する。」
とあります。準用(そのまま当てはめる)ということですので、基本的には所有者不明の猫(野良猫)も引取りの対象となっています

また、第三十五条4項には、都道府県等で飼い主を探すことの努力義務が明文化されています。

引取りの流れ

引取りに関しては、自治体により対応が様々ですが、大まかに以下があげられます。

  • 引取場所、日時を指定して引き取っている。
  • 保健所に事前連絡、引取日時を指定の上、引き取っている。
  • 所有者不明の猫(野良猫)は引き取りを行っていない。

※詳しくは住まいの自治体に確認するのが良いでしょう。

引取場所、日時を指定して引き取っている

広島県呉市の例

出展:広島県呉市「飼い主不明の犬・猫の引き取りについて

自治体HPで案内ページに記載されている場合があります。自治体HPに記載がなければ、自治体へ問合せしてみましょう。

保健所に事前連絡、引取日時を指定の上、引き取っている

山口県下関市の例

出展:山口県下関市「飼い犬・飼い猫の引取り手数料について

大まかに手続きの流れとしては以下になるでしょう。

1. 拾得者からの事前相談(事情聞き取り)

2. 所有者有無の確認(首輪、拾得時の状況等)

3. 飼育意思の確認、または飼い主、譲渡先の探しの指導

4. やむを得ない事情があると判断した場合、引取日時を指定

5. 引取手続き

野良猫の場合、引取り手数料を無料としているところが多いようです。こちらも合わせて確認しましょう。

所有者不明の猫(野良猫)は引き取りを行っていない

動物愛護法の条文を見る限り、引き取りを行っていないということはないはずなのですが、自治体によっては引き取らないとしているところもあるようです。

兵庫県姫路市の例

出展:兵庫県姫路市「Q.飼育していた猫が飼えなくなったので引き取ってもらいたい。

上記に
飼い猫についての引き取りは行っていますが、所有者不明の猫(野良猫)は引き取りを行っていません。
と明示されています。

他にも成猫の野良猫は引取りしていないところもあります。

出展:愛媛県松山市「成猫の引取りについて」, 2015年11月19日

出展:長野県長野市「ペットを保護した方へ」, 2017年2月22日

出展:群馬県高崎市「迷い動物について」, 更新日不明


道路に座る猫

引取り拒否の主な事由

保健所で引取りを拒否する場合、飼い主に対して終生飼養の努力が行われているかを判断します。

野良猫に関しては、終生飼養ということではないのですが、保健所によっては引取り拒否の事由とする場合もあり得ます。参考情報として記載します。

  • 飼養が困難であるとは認められない場合(問題行動が多い、しつけをしていない、世話が大変、引っ越す)
  • 引取りを求める犬又は猫の譲渡先を見つけるための取組を行っていない場合
  • 家族全員の承諾が得られていない場合
  • 親犬、親猫の不妊措置の指導に応じず、生まれてきた子犬や子猫の引取りを求められた場合
  • 犬猫の老齢又は病気等の事由
  • 繰り返し引取りを求められた場合
警察へ拾得物として届けるのも一つの手

迷い猫として警察へ届けるのも一つの手です。この場合、警察署や交番、駐在所に届出をしましょう。

この際、通常の落とし物と同様、落とし主が見つからなかった場合の引取る権利を尋ねられますので、その権利を放棄しておくと良いでしょう。

警察が届出を受理した後は、警察から保健所や動物愛護センターに引き渡されると思います。(警察署や交番には動物を保管しておく場所がないので)

また、仮に飼い主がいて迷い猫になっているのであれば、当然警察や保健所にも連絡しているでしょう。その場合は飼い主が引取りに来ます。

※警察へ届ける際は、以下の文書を持っていくと手続きがスムーズに進むと思います。

環境省「所有者の判明しない犬又は猫その他の動物が拾得された場合の取扱い等について」, 2014年1月14日, 環境省


以上になります。
昨今では、殺処分ゼロを目指して。などのスローガンを打ち出している自治体も多くあります。このためか保健所でも極力引き取らないようにしているところもあるようです。また、自治体によって対応が様々でもありますので、行動に移す前に住まいの自治体での対応方法を確認しておくのが良いかと思います。


スポンサーリンク