捕獲器を使わないで野良猫を捕まえる方法

キャリーに誘導、フタを閉めて捕獲

買い物かごでもOK

  • キャリー、猫を入れる箱は、少し大きめなものが良い
    小さいと身体と手を伸ばして奥まで届いたり、中に入ってもお尻が出てしまう
  • キャリー、箱にエサやマタタビを入れ、誘引する
    冬場であれば毛布を敷き、雨よけも付けるのも有効
  • 警戒心が強い猫は、エサを運んで別の場所で食べたりする
    この場合は警戒が解け、キャリー、箱の中で食べるまでエサに慣れさせる
  • キャリー、箱の中に入ったら、頃合いを見てフタを素早く閉める

※ある程度人馴れ、エサ馴れしている猫に有効
※キャリー、箱の設置場所は、敷地外であれば土地の所有者に許可を得たり、近隣の方へ事前説明をしておく。

エサを食べているところを魚網で捕獲(虫取り方式)

魚釣り用のタモ網

  • 魚釣りで使用するタモ網を用意。柄の長いものがいい
  • 捕獲場所にエサやマタタビで誘引する
  • エサを食べているところを上から魚網で被せて捕獲

※ある程度人馴れしているといい。人馴れしていない場合、エサを食べている際に気付かれると逃げられてしまう。

エサを食べているところを魚網で捕獲(地引網方式)

  • 魚釣りで使用するタモ網を用意。柄の長いものがいい
  • 捕獲場所に魚網を地面に置き、網の上にエサやマタタビを置く
  • 網の上に来たところ魚網を持ち上げるようにして捕獲

※ある程度人馴れしているといい。人馴れしていない場合、エサを食べている際に気付かれると逃げられてしまう。
※網の上は猫にとって足場が良くない。エサが置いてあるとはいえ、網の上に乗らない場合もある。

洗濯ネットを被せる

抱っこしているときに洗濯ネットを

  • 抱っこする
  • 洗濯ネットを被せる

※抱っこできるくらい馴れているなら可能。

自宅内に誘導し捕獲

エサで誘導

  • エサで自宅内に誘導。警戒心が強ければ、庭から自宅内に徐々に、時間をかけて誘導する
  • 自宅内の誘導先では、ケージなどで囲いを作っておく
    家の中で暴れたり、逃げ回ったりすることが考えられるのでケージ等の囲いを作っておき捕獲をしやすいようにしておく
  • 自宅内に入ったら入口を閉める

エサで釣り、素手で捕獲

エサを撒く

  • 捕獲できる安全な場所に猫を誘導(誘導ができるようなら)
  • エサを自分の周りに撒き、食べ始めるのをじっと待つ
  • エサを夢中に食べ始めるまで、手を出す、目を合わす、声をかけるなどの行動は一切せずじっと待つ
  • 背後から気付かれないように捕まえるか、正面から手を低い位置にそっと出して捕まえる。撫でさせてくれる猫ならいつも撫でているように手を出してみる。
    首の後ろ側の皮を厚めに掴んであげると大人しくなる。

※撫でさせてくれるくらい馴れている猫であればより有効
※エサに食いつくまで長期戦の覚悟も必要です

身体の硬直を利用、素手で捕獲

  • 極力気付かれないように、猫に近付く(正面、背後、どちらでも可)
  • 近付けるところまで近付いたら一気に距離を詰める。この際、気付かれてしまうが、気付くのが遅ければ遅い程いい
  • 気付いてビックリしているところを素手で捕まえる。首の後ろ側の皮を厚めに掴んであげると大人しくなる。

※仔猫や臆病な猫に有効
※猫はビックリした際に身体が一瞬硬直します。ほんの1秒か2秒程度です。この間隙を付き、ためらわず素早く捕まえる必要があります。


スポンサーリンク