野良猫を愛車に近づけさせない方法

 車の下やボンネット、屋根上に野良猫が上ってきてしまう。足跡や爪の傷、ひどい時は、ゲロを吐いていくことも・・愛車にそんなことされたらぶち切れます。温厚なオーナー様でもピキッとくるでしょう。

 近所の餌やり住民や放し飼いの飼い主に迷惑行為をやめてもらう方法もあります。しかし、そうした対処ができない事情も場合によってはあります。
(餌やり住民や飼い主が不明、ご近所付き合いを考えるとなかなか強く言えない・・etc)

 とは言っても愛車は守らなくてはいけない!となると自衛。ではどんな自衛策があるのでしょうか。

▼目次

  1. どのような対策があるか
  2. 管理人が考える、やるならこの対策!
  3. その他、身も蓋もない対策

どのような対策があるか

簡単に思いつく代表的な猫よけ※現実的でない場合や難点アリ。

超音波
駐車場を借りている場合、他の利用者に迷惑になり兼ねないことや盗まれる心配がある。この為、設置が難しい。
※自宅の駐車スペースであれば試す価値があります。
忌避剤
駐車する場所が、アスファルトであることが多く、臭いが飛びやすいこと。ボンネットや屋根上には直接撒けないこと。(臭い、サビ、腐食の心配)車周辺の地面に撒いておいてもボンネットや屋根上まで臭いが届かなければ、飛び乗ってきてしまうことが考えられる。
他の柑橘系、ミント系のスプレーを撒くのも同様に効果が薄いと思われます。
猫よけマット
車の出入りを考えると置けたとしても出入りの度にしまったり設置したりの手間に無理がかかる。

猫を傷付けず、猫を保護する点についてはいいのですが・・・様々な難点があります。

他に考えらえる猫よけ

  • 水鉄砲、ホースで散水
  • 唐辛子、胡椒を撒く
  • 柑橘系の香水、芳香剤を置く(車庫内)
猫は水が苦手

水鉄砲、ホースで散水すると嫌がって来なくなることがあります。(難点は、猫を見かけたときにしかできないこと)

香辛料の忌避効果

七味の画像刺激的なニオイの忌避効果。また、撒いた場所を通れば香辛料が足に付き、座り込めば体の毛に絡みつきます。その状態で毛づくろいすると、口に入り香辛料の辛さで嫌な思いをします。通る場所、居座る場所のピンポイントで撒けるなら効果アリと思います。

柑橘系やミント系の香料

柑橘系の香水を撒いておく、芳香剤を置いておくことで、車庫内にニオイを充満させ、寄り付かなくなる可能性があります。もちろん柑橘系、ミント系のスプレーでも代用可能。撒く量が多く、すぐになくなってしまうなら香水や芳香剤をお勧めします。
※車庫は、シャッタをー閉めて、侵入口塞いでしまうのが手っ取り早いと思います。

【補足】水をかける、香辛料を撒くことの効果の補足

車に近付く→水をかけられる・クサイ・毛づくろいすると辛い→嫌な思いをする。
を理解させ、この車に近付く=嫌な目に遭う。と、行動と結果を紐付けて覚えさせます。

車を傷から守る方法

  • カバーをする。
  • 車庫を作る。

傷付けられるのが嫌ならカバーかければ?と、簡単に言う方がおりますが、ものスゴく手間ですよね。それにカバーをすることでスレ傷が付いてしまうこともあります。しかし、足跡や爪の傷が気になるようならカバーをかけるくらいしかすぐに防げる方法がない場合もあります。

カバーをするなら、全体をすっぽり覆うタイプのものではなく、ボンネットや屋根上を部分的に覆うようなカバーであれば、手間自体は軽減できると思います。(なるべくスレ傷は付かない素材のものを選ぶ)

お金をかけない簡易的な方法であれば・・・
  • アルミ製のシートとマグネットを用意
  • ボンネット、屋根上などにアルミ製のシートを引く
  • 風で飛ばないようにマグネットで止める

シートはアルミ製の物がなければ、他の物でもいいでしょう。アルミ製の物であれば光の反射を利用して寄せ付けない効果をある程度期待できます。傷を防ぐだけで良ければ、布製のシートでも可。シートを止める際、強力なマグネットで風に飛ばされないようにしておくと安心です。(見栄えは悪いかもしれませんが、車のためと思うしかないかと)


また、悩まされるなら車庫を作ってしまった方が早い・・という話も。
費用面に問題ない方、車庫を作れる環境の方であれば検討の余地はあるかと思います。

→参考:管理人が取った車庫の見積もり金額


管理人が考える、やるならこの対策!

いくつか対応策をあげていきます。

車庫がある場合

シャッターを閉められるなら閉める。侵入口を塞ぐ。それができなければ超音波装置を設置する。

車庫の画像車庫であれば、物理的に入ってこないようにすることを検討した方が早いかと思います。
何らかの事情で入られてしまう場合は、超音波装置を設置することをお勧めいたします。
※手間がかからず、長く使える為、最初の出費はかかりますが長期的に見ればコストは低めです。

車庫がない駐車スペースの場合

ボンネット、屋根上の部分的なカバー(または簡易的なシート)、車周辺とカバーの上に唐辛子を撒く。車付近で野良猫を発見したら水をかけ追い払う。

駐車場の画像ボンネット、屋根上をカバーで防ぎ、カバーの上に唐辛子を撒いて、乗られてしまった場合でも嫌な思いをさせる。
さらに、車付近で見掛け次第、水をかける。水がなければ追い掛けたりして追い払う。徹底的に嫌な思いをさせて、この場所は来てはいけない場所だ。と理解するまで根気よく続ける。

※カバーの上に唐辛子(胡椒)を撒く場合、車体の中に入りそうな場合や風に飛んで近隣に迷惑がかかる状況であれば、止めておきましょう。
※追い払う時、猫がビックリして爪を立てることがあります。傷を付けられそうな心配がある場合は、水をかけたり、声を上げて追い払うようなことは止めておきましょう。


その他、身も蓋もない対策

  • 番犬を飼う。(簡単に飼えない!)
  • その猫を飼う。(飼いたくない!)
  • 駐車場を変える(できれば立体駐車場。あっても遠い!)
  • 引っ越す。(お金かかりすぎ!)
  • 駆除する。(手間がかかる、方法によってはNG!)
  • 少しの傷は目をつぶる。傷に強いコーティングをしておく。(愛車だから傷はイヤ!)

車の上に乗ってしまう猫の写真

以上、猫が絶対に寄って来なくなる!といった特効薬みたいなものがないため対策が難しいです。
ですが、猫よけを行って居心地がよくないと感じれば移動するかもしれません。

しかし、すでに他の場所でも猫よけをされていたり、この場所くらいしか居場所がない環境だったら、執着されてしまうこともあるでしょう。

色々な対策はあるものの、効いたり、効かなかったり、慣れてしまったりと効果がまちまちなことがあるのはそのためです。

野良猫達も日々の生活に必死です。車を守る私達もその必死なヤツラを相手にしていることを肝に銘じて対策していきましょう。(管理人)

▲目次に戻る


万一、車に傷をつけられてしまったら・・以下の記事もご参考くださいませ。

野良猫に傷をつけられてしまったら猫に車を傷つけられた時の対処

餌やり住民、放し飼いの飼い主、損賠賠償はできるのか!?


参考:管理人が取った車庫の見積もり金額(ドア4枚のセダンタイプの大きさ)

合計金額:620,000円

項目 見積金額
ガレージ本体 367,900
基礎工事(18㎡) 167,600
廃棄処分費 15,000
その他諸経費 40,000
消費税 47,240
値引き -17,740
620,000円

※ガレージ本体は、1スパン分延長しており、その費用を含みます。
※基礎工事は、部分的にアスファルトでなく、地盤の補強が必要だった為。(基礎工事不要の場合はこの分安く済ませる)
※値引きは、ディスカウントしてもらった分です。


スポンサーリンク