猫が糞を隠す時と隠さない時、その理由

 猫って糞をすると砂や土で隠しますね。野良猫だと隠さないヤツも結構いますが。

一見、行儀がよく見え、綺麗好きなのかと思いますが、糞の被害に遭っている人からすれば、土や砂利の脇からポロリしてたり、臭かったりと、ひどく失礼なヤツだと思うわけです。

砂や土で糞を一応隠しますが、なぜ隠すのか、また、なぜ隠さないでもろ出しのこともあったりするのか。

まずは隠す理由から

  • 臭いを隠すため。外敵に居場所を知られたくない

次に隠さない時の理由

  • 縄張りの主張
  • 隠す必要がない。縄張り内で強い立場の猫など
  • 隠す物がなかった。(固い土やアスファルトなど)

以下で詳しく見ていきます。

糞を隠す理由

臭いが残っていると外敵に居場所を知られる

猫は基本的には単独で行動する動物のため、自分の身は自分で守らなければいけません。

糞をしてそのままにしておくと、臭いで外敵が気付きます。またその臭いからどれくらい前にしたものか、嗅覚がいい動物であれば、健康状態を把握したり、糞から何を食べている動物か(=捕食対象か)を見極めることでしょう。

外敵に気付かれれば身の危険に繋がります。糞の臭いで居場所が知られてしまうのを防ぐため、砂や土で隠します

飼い猫だとタオルで隠す猫もいるようです。もちろんタオルがウンコまみれになります。

それから、猫って遊ぶときは、前足で物を叩いたり、捕まえにいったり、引き寄せたりをよくします。

また、本能的に柔らかくてサラサラしたものをかき集めることも好きなのだとか。祖先が砂漠地帯や草原地帯の出身であることも関係しているかもしれません。


キャットプー

糞を隠さない時

縄張りの主張、マーキング行為

縄張り内で強い立場にいるオス猫は、マーキング(縄張り主張)の為、糞を隠さず目立つところにしたまんまにすることもあります。

管理人も敷地内で被害に遭っていた際、水道管の配管の上にやられていたことがあり、なんでこんなところに・・と愕然としたことがありました。(見つけた時の絶望感といったらもう・・大概出掛けるときに見つけるので最悪ですね)

また、逆に言えることもあり、縄張り内で弱い立場の猫は、警戒して糞を隠そうとします。

隠す必要がない

縄張り内で強い立場にいるオス猫や外敵があまりいなく隠す必要を感じていなければ隠さないこともあります。
一方、糞をする場所のご近所で犬を飼ってるお宅があったりすると、きちんと隠すことが多いかもしれません。

隠す物がなかった

都心部ではアスファルトやコンクリの地面が多ければ、こういったケースもありえます。
または、いつもしていた場所が土からアスファルトに変わってしまった(それでも場所を変えずに使い続けている)場合など。


以上になります。
管理人の近所の野良猫達は、あまり糞を隠しませんね。一応土をかき集めた形跡はありますが、完全に隠れていません。土の脇からこんにちわしちゃってます。かなり迷惑です。


スポンサーリンク