地域猫とは?1分でざっくり説明

環境省のガイドラインから要点をざっくりと

地域猫とは
  • 不妊去勢手術がされている。
  • フードとふん尿の管理がされている。
  • 特定の飼い主のいない猫。

適切に飼育管理され、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫のこと。


地域猫活動の目的
  • これ以上猫を増やさない。
  • 餌やりによる迷惑を防止する。
  • 将来的に飼い主のいない猫をなくしていく。

地域住民が飼育管理することで、野良猫によるトラブルをなくすための試み。


地域猫活動のポイント(環境省資料抜粋)

地域猫活動は地域住民と飼い主のいない猫との共生をめざし、不妊去勢手術を行ったり、新しい飼い主を探して飼い猫にしていくことで、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としています。
ただし、実際に数を減らしていくためには、複数年の時間を必要としますので、当面は、これ以上猫を増やさない、餌やりによる迷惑を防止するなどを目的としています。


1分でざっくりと。以上になります。
もう少し詳しく見てみたい方は、以下もどうぞ。


出展:環境省「住宅密集地における犬猫の適正飼養ガイドライン」(PDF)

地域猫とは
「地域の理解と協力を得て、地域住民の認知と合意が得られている、特定の飼い主のいない猫。その地域にあった方法で、飼育管理者を明確にし、飼育する対象の猫を把握するとともに、フードやふん尿の管理、不妊去勢手術の徹底、周辺美化など地域のルールに基づいて適切に飼育管理し、これ以上数を増やさず、一代限りの生を全うさせる猫を指します。」

地域猫活動
「地域猫活動は地域住民と飼い主のいない猫との共生をめざし、不妊去勢手術を行ったり、新しい飼い主を探して飼い猫にしていくことで、将来的に飼い主のいない猫をなくしていくことを目的としています。ただし、実際に数を減らしていくためには、複数年の時間を必要としますので、当面は、これ以上猫を増やさない、餌やりによる迷惑を防止するなどを目的としています。地域猫活動は、「猫」の問題ではなく「地域の環境問題」としてとらえ、地域計画として考えていく必要があります。
地域猫は野良猫とは異なります。フード、水やりの場所は決められ、排泄物の処理や周辺の清掃なども行われます。不妊去勢手術が行われることで数が増えることが抑えられます。
地域住民は猫による被害の現状を十分認識し、野良猫を排除するのではなく、地域住民が飼育管理することで、野良猫によるトラブルをなくすための試みであることを理解しなければなりません。
同時にこれ以上飼い主のいない猫を増やさないために、飼い猫を捨てることは犯罪になることを周知し、捨て猫の防止を徹底していく必要があります。
いくつかの自治体では、飼い主のいない猫に関するガイドラインが作成されています。」

地域の合意
「地域猫活動の実施には周辺住民の理解が必要であり、自治会としての合意は重要です。地域猫活動は、一方的に行えば人間同士のトラブルの原因になりかねません。
まず、周辺の人々に十分に趣旨を説明し、理解を得た上で行いましょう。地域で話し合いを行う際は、実際に活動を行う人、自治会、猫が苦手な方、猫の管理に反対な方も含めてください。
事前に各関係者が集まり現状を確認した上で、活動を行うかを検討し、意思の統一を確認した
上で活動を始めることが必要です。」


以上


スポンサーリンク