動物虐待の都道府県別件数(環境省資料より集計)

 環境省の動物愛護に関する報告書に「動物の虐待事例等調査報告書」があります。

環境省HP「動物の愛護と適切な管理」パンフレット・報告書等に掲載

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph.html

パンフレット・報告書等 -> 動物愛護管理法 報告書等

平成30年度動物の虐待事例等調査報告書
平成25年度動物の虐待事例等調査報告書
平成21年度動物の遺棄・虐待事例等調査報告書
平成19年度動物の遺棄・虐待事例等調査報告書

こちらの報告書では、過去の判例及び新聞報道された動物虐待事例を一件ずつ要約しリスト化されておりますが、かなり遡って事例をまとめられ、古いものでは昭和49年の判例もあります。

この動物虐待事例を元に、当記事では以下の観点で集計しまとめました。

  1. 動物虐待事例より総数
  2. 動物種類別虐待件数
  3. 年度別虐待件数
  4. 虐待の方法
  5. 都道府県別虐待件数(動物種類別)
  6. (参考)動物虐待等の判例等 ※平成30年度動物の虐待事例等調査報告書より抜粋

あくまで環境省が公表する「動物の虐待事例等調査報告書」を元に集計をしており、報告書に掲載されない事例も多数あると思われます。
しかし、過去に遡り20年以上のデータになりますので、全く参考にならないというものでもありません。

参考データとしてご参照いただければと思います。

動物虐待事例より総数

新聞/判例 件数
新聞報道 385
判例 74
総計 459

※新聞報道の件数は、2003年~2017年の期間
※判例の件数は、1974年~2003年、2009年~2018年の期間
※平成21年度資料掲載の「狂犬病予防法」に関する報道に関しては、上記件数から除外しています。

動物種類別虐待件数

動物の種類 新聞報道 判例
220 26
97 34
ウサギ 35 0
その他 58 14
総計 410 74

※前述の総数との差異(総数:459≠動物種類別虐待件数:484)は、ひとつ事例の中で複数の動物が対象になっているケースがあるため(例:犬・猫の両方が一度に虐待など)。
※猫・犬・ウサギで全体の8割以上を占める。このためそれ以外の動物はその他としています。
※その他の動物の種類は、ハト・スズメ・オカメ・インコ・ニワトリ・チャボ・ウコッケイ・シャモ・ウズラ・ネズミ・リス・ハムスター・フェレット・モモンガ・キツネ・ウマ・ウシ・サル・カメ・シカ・カモ・ハクチョウ・ヤギ・アライグマ・ライオン etc。

年度別虐待件数

年度 新聞報道 判例 総計
1974 0 6 6
1975 0 3 3
1977 0 1 1
1980 0 4 4
1981 0 2 2
1982 0 2 2
1983 0 3 3
1984 0 2 2
1985 0 3 3
1986 0 2 2
1987 0 1 1
1988 0 1 1
1993 0 2 2
1994 0 1 1
1995 0 1 1
1997 0 2 2
1998 0 3 3
1999 0 1 1
2000 0 4 4
2001 1 7 8
2002 1 11 12
2003 30 3 33
2004 29 0 29
2005 22 0 22
2006 39 0 39
2007 30 0 30
2008 19 0 19
2009 21 1 22
2010 32 0 32
2011 9 1 10
2012 18 1 19
2013 35 1 36
2014 24 0 24
2015 30 0 30
2016 22 2 24
2017 20 1 21
2018 3 2 5
総計 385 74 459

※新聞報道と判例で、同一事件のケースも一部含まれます。

虐待の方法

虐待の種類 件数
鋭利な道具 109
遺棄 53
不明 46
毒物 34
劣悪環境での飼育 26
給餌の停止又は不足 26
針金等による拘束 22
鈍器 20
その他 18
放置 15
火傷 15
殴る 13
叩きつける 11
蹴る 8
ボウガン 7
水没 6
エアガン 6
とらばさみ 5
高所から落下 5
踏みつける 5
異物混入 4
熱湯 3
絞殺 2
総計 459

※新聞報道による情報は、全てが確証あるものとは限りません。報道内容にしても「刃物と見られる」「棒状のもので殴られた後があり・・・」「何らかの毒物による虐待の可能性」といったニュアンスになります。
※明確な記載がないものは、【不明】としています。
※蹴る、殴るなど掲載内容から確認の上、分類していますが、実際のケースでは、蹴る・殴る・叩く・切りつけるなど様々な方法で行われている可能性が高いです。
※針金等による拘束は、針金の他に、たこ糸・ガムテープ・ガムテープの芯・金具・結束バンド・粘着テープ があります。
※その他の内訳は、吹き矢・ライフル・水中銃・散弾銃・車による轢死・犬に噛み殺させる・生き埋め・角を折られる・安全ピン・吊るされる・目を抉り取られる・毛を毟られる・皮がはがされる・無許可飼育 etc。

都道府県別虐待件数(動物種類別)

※新聞報道分のみ集計。理由は、判例の一部にデータの欠落があること、新聞報道との重複が有りうるため。

データ
データ
データ
データ
データ

都道府県 ウサギ その他 総計
兵庫県 28 4 6 6 44
北海道 24 7 0 1 32
東京都 23 3 2 3 31
大阪府 17 8 1 3 29
神奈川 13 3 2 4 22
埼玉県 7 5 4 4 20
栃木県 6 8 3 1 18
千葉県 9 1 2 4 16
愛知県 6 2 3 3 14
滋賀県 7 2 0 4 13
福岡県 5 3 1 4 13
岡山県 6 3 0 2 11
沖縄県 6 4 1 0 11
長野県 6 1 1 1 9
茨城県 1 5 0 2 8
広島県 5 1 0 1 7
石川県 3 2 0 2 7
長崎県 4 1 1 1 7
香川県 3 2 1 0 6
山形県 1 4 0 1 6
山梨県 2 3 0 1 6
愛媛県 2 2 1 0 5
岐阜県 4 0 0 1 5
三重県 2 2 0 1 5
山口県 2 2 1 0 5
静岡県 2 1 1 1 5
福井県 2 3 0 0 5
京都府 0 2 1 1 4
熊本県 1 2 0 1 4
佐賀県 2 2 0 0 4
鹿児島 4 0 0 0 4
徳島県 1 1 1 1 4
和歌山 3 0 1 0 4
宮崎県 2 1 0 0 3
宮城県 2 1 0 0 3
大分県 1 2 0 0 3
群馬県 0 2 0 0 2
高知県 1 0 0 1 2
秋田県 1 0 0 1 2
鳥取県 2 0 0 0 2
島根県 1 0 1 0 2
奈良県 1 0 0 1 2
岩手県 1 0 0 0 1
新潟県 0 0 0 1 1
青森県 0 1 0 0 1
富山県 0 1 0 0 1
福島県 1 0 0 0 1

※あくまで環境省の資料上の件数の為、件数が多いからといって動物虐待が横行しているとは言い切れません。
※逆に件数が少ない都道府県で動物虐待が少ないとも言い切れません。
※あくまで環境省の資料上の件数であり、全国で巻き起こっている動物虐待の事例のごく一部の内容に留まっていると考えられます。

(参考)動物虐待等の判例等 ※平成30年度動物の虐待事例等調査報告書より抜粋

データ
データ

上記資料は、環境省HP「動物の愛護と適切な管理」パンフレット・報告書等に掲載

https://www.env.go.jp/nature/dobutsu/aigo/2_data/pamph.html

パンフレット・報告書等 -> 動物愛護管理法 報告書等

平成30年度動物の虐待事例等調査報告書 -> III.動物虐待等の判例等より抜粋

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています。

のらねこらむプロフィール

authorImage

のらねこらむ管理人

2017年4月に新居へ引っ越した直後から野良猫に悩まされる。
日々、野良猫との領地争いを繰り広げています。

対策グッズのほとんどは、実際に買って・試した結果をまとめたものです。
当サイトの情報が皆様の野良猫対策の助けになれば幸いです。
詳しいプロフィールは、こちら

新着記事