野良猫駆除、捕獲、保健所送りは合法か違法か

 野良猫の被害に遭われている一部の過激派の間では、野良猫駆除に毒餌、保健所送りを推奨する方がいらっしゃいます。
毒餌については、ネズミ駆除を目的として野良猫に誤飲させ、事故死に見せかけた方法を薦める等。

また、もう一つの駆除方法として、捕獲して保健所送りが上がっています。
こちらの保健所に送る方法ですが、動物愛護の方々や自治体の見解で捕獲自体が動物を傷付ける行為に当たる(可能性がある)として、動物愛護法違反だとする意見もあります。

 はたして、捕獲、保健所送りは合法なのか違法なのかを整理します。
※毒餌による駆除についてはこちらでは記載致しません。

▼目次

  1. 弁護士の見解
  2. 捕獲行為は違法か、動物虐待になるか
  3. 保健所に持ち込んだ猫を引き取ってもらえるか

弁護士の見解 →罪には問われない。

弁護士の見解が以下のホームページで記載があります。罪にはならない。という回答です。

Legalus「野良猫を捕まえて保健所に連れて行くと違法?」, 2014年4月23日, Legalus
(最終閲覧日:2017年9月24日)


捕獲行為は違法か、動物虐待になるか →合法、虐待にならない。

  • 弁護士の方の見解にあるように、捕獲するだけなら「みだりに」殺したり、傷付けるわけではない。
  • 捕獲規制は特になく、捕獲を禁止する法律がない。※

※鳥獣保護法では狩猟鳥獣の捕獲について規定があります。野生の猫は適用されますが、仮に野良猫を野猫と同じ扱いにした場合でも私有地での捕獲は資格、申請が必要ありません。

環境省「鳥獣の保護及び管理並びに狩猟の適正化に関する法律」(鳥獣保護法第十一条一項二号-ロ), 2014年5月30日, 環境省

  • 「みだりに」傷付けなければ動物虐待には当たらないため、以下のようなことをしない限り問題ない。
    • 捕獲後、給餌をしないで弱らせる。
    • 捕獲後、劣悪な環境下において弱らせる。
    • 捕獲後、暴力を振るうなどして虐待を行う。
    • 捕獲後、負傷、疾病している場合に適切な保護をしないで放置する。

よって、捕獲行為は違法でなく、動物虐待にも該当しない。


保健所に持ち込んだ猫を引き取ってもらえるか →引取りの義務がある。

  • 駆除(=処分)目的の場合は、引き取らない。
    ※駆除(=処分)目的の場合は、「みだりに」殺すことに該当する為、引取りを拒否
  • 保護(捕獲)した猫、迷い猫は、引取り依頼があれば引き取る。(引取る必要がある)

捕獲された野良猫について、県に引取りの依頼があった場合には、所有者の判明しない猫として、県はこれを引き取らなければなりません。

出展:「動物の愛護及び管理に関する法律」(第三十五条第二項)

ただし、自治体によっては、成猫の野良猫は引取りしていないところもあります。

出展:松山市「成猫の引取りについて」, 2015年11月19日

出展:長野市「ペットを保護した方へ」, 2017年2月22日

出展:高崎市「迷い動物について」, 更新日不明


以上になります。

▲目次に戻る


スポンサーリンク