野良猫は餌をくれた人のことを覚えているか?

「猫は三年飼っても三日で恩を忘れる」

と、諺で言われるようにつれない動物です。そのくせ一度餌をあげたら何度もしつこく来るようになる。
記憶力がいいんだか悪いんだか・・餌を与えて可愛がっていた人からすれば、三日で忘れられたら悲しいですね。

さて、野良猫は餌をくれた人のことをどの程度覚えているのでしょうか?

そもそも記憶とは

脳の画像私達ヒトも全てを覚えることはできません。好きな事、大事な事、嫌いな事、嫌な出来事、興味関心を惹かれる事・・など、取捨選択して記憶をしているかと思います。街中ですれ違った人の事なんて覚えていませんものね。

取捨選択して必要な事が脳に蓄積されて、必要なときに思い出すことができる情報が記憶です。

猫は人より脳が小さく、知能は人の2~3歳程度と言われています。ですので、猫達も取捨選択をして記憶をしています。

猫がよく覚えていること

猫の記憶の画像猫は単独で行動し、狩りをして生活をする生き物なので、身の安全を確保すること食料を確保すること記憶のエネルギーを使います。

天敵がどの動物であるのか、天敵がいる場所はどこなのか、安心して身を隠せる場所はどこかなど、身の安全を確保することは第一に覚えます。

食料もなければ飢えますので、狩り場、餌場はどこなのか、捕食動物の狩り方、人からの餌のもらい方(すり寄ったり、鳴いたり)もよく覚えています。

また、嫌な事もよく覚えており、飼い猫なんかはキャリーバッグを見ただけで逃げ出すこともあります。病院に連れて行かれ痛い思いをしたことを覚えているということですね。

この場所は、いい餌場

ネズミの画像ネズミを捕るとき、猫はネズミが巣穴から出てくるのをじっと長い時間待つことがあります。そして、巣穴から油断して出てきたネズミを素早く捕獲し、食事にありつく。

この場所が獲物の巣穴であること、この場所で餌にありつけたという体験

これらが紐づいて、「この場所は、いい餌場」と理解していることでしょう。

ですので、人が餌を与えた場合、この場所に来たら、見知らぬ脊椎動物が餌を出してきた。ここは簡単に餌にありつけるいい餌場だ。という記憶は残ることでしょう。

餌をくれる人のことは覚えているのか

餌撒きの画像上記で述べたように、野良猫にとって大事なことは、食料確保、いい餌場はどこなのか。ということです。
だから、餌をくれる人のことは二の次になっちゃうんですね。

かと言って、「餌をくれる人」は認識していないわけではなく、もちろん認識しています。なんだったら餌をもらえる時間帯まで把握しています。

どうやって認識しているかと言えば、視覚を使って姿形を、聴覚を使って足音や声を、嗅覚を使ってその人の匂いを覚えています。こういった感覚を使った覚え方をしていると思います。

人もそうですが、感覚を使った記憶というのは保持期間が短いもので、視覚で言えば、よく目にするものでないと覚えていられません。

ですので、猫達も毎日のように頻繁に餌をくれる人のことは覚えているでしょうが、少し間が空いてしまうと人のことは忘れてしまうことが多いと思います。


以下もどうぞ。野良猫にとって人とはどんな存在か!?

人を見る目野良猫は人のことをどう見ているか

野良猫にとっての人とは?餌をくれる人、可愛がる人、怖い人。

猫にも個性ある

メス猫の画像餌を毎日あげているのに、懐く気配がない、警戒して近付くと逃げる。まるでまったく覚えていないような素振り。

野良猫は人に慣れていないことが多いので、心を開いてくれる猫もいれば心を開いてくれない猫もいます。心を開いてくれない猫は、警戒して餌を置いても近くに人がいると食べなかったり、恐る恐る食べるだけ食べて一目散に逃げていく場合があります。

懐いてすり寄ってきたり、鳴いたりする野良猫もいるんですけどね。

また、久しぶりに会ったのに猫の方から近付いてきてくれた。といった話もあります。
覚えていてくれる猫は覚えているのかもしれません。

実は覚えてくれているかも!?

猫の身振り素振りって、読み取りにくかったりしますよね。

なので、実は覚えてくれているけど、人がそれに気づいていないってこともあるかもしれません。

猫の視覚はさほどよくありませんが、聴覚、嗅覚といった感覚は人より優れていますしね。人が思いも寄らない記憶の仕方をしているかもしれません。


以上になります。


スポンサーリンク