糞尿だけじゃないかも!?野良猫被害を確認しよう!

 庭にウンチがある!花壇や畑が足跡だらけ!う~ん…どうやら野良猫の仕業らしい。

手入れをしている庭、雑草を取り、土作りをし、毎日世話をしている花壇や庭が荒れてしまった時のショック、飼い猫のものでもない糞を片さなければいけない切なさ、こみ上げる怒り・・・。

そんなやるせない気持ちの中、最初はウンチを片づけたり、花壇や畑の土をならして元通りにしてみます。ですが、度々ウンチや足跡、土の掘り返しをされるようになり悩まされるようになってしまいます。

 すぐにでも効果的な対策を打ちたいのはやまやまですが、その労力や対策グッズを購入する費用もバカにはなりません。すぐに対策を打つ前にどんな被害に実際遭ってしまっているのか、目に見えない他の被害はないか、少し立ち止まって状況を確認してみるのも一つの手です。

 被害状況を整理し、自分の住まい環境、地域環境から被害に遭う原因を探ってみましょう。

▼目次

  1. 被害状況の整理
  2. 住環境の分析
  3. 地域環境の分析

被害状況の整理

野良猫、放し飼い猫によって受けうる被害をリストアップしました。発見した被害以外に何かされていないか確認してみましょう。

項目
確認のポイント
柔らかい土、砂の上、芝生の合間、マンホールの上(水道管や汚水管の蓋の上など隆起して少し高い場所)
敷地内だけでなく付近の道路や電柱なども確認してみましょう。その辺りにも糞があるなら近くをよく訪れている証拠です。
尿
木や柱、壁、藪、草むら(垂直な対象物)、室外機、車のタイヤの他、猫がよく行き来する場所
※匂いは、酸っぱいツーンとしたような匂い
ゲロ
庭、玄関前、猫がよく行き来する場所。
毛玉がまとまって吐き出されていることもあります。
庭荒らし
花壇、畑の足跡、土が掘り返された跡
掘り返された跡がある場所は、土の中に糞が埋まっていることもあります。
※猫の糞は肥料になりません
引っ掻き傷
木製の物(木製フェンス)、車・自転車のタイヤ、車のボンネット、家の外壁、網戸、配管の断熱材
ゴミ荒らし
家庭ゴミを家の外や物置、ガレージ等で保管している場所
ゴミ捨ての日まで、外(物置やガレージ等)にゴミを置いているご家庭では、中に侵入され荒らされたりする場合があります。荒らされたことがない場合でも侵入されている様子がないか確認しましょう。
居座る
陽当たりの良い庭、木陰になり涼める場所、軒下、屋根の上、物置の下
庭に居座られているだけなら直接的な被害はありませんが(猫アレルギーの方は深刻)、他の糞尿などの被害に繋がったり、物置の下で出産する輩が現れたり、庭で猫が亡くなってしまい片付けが大変な場合も…。
鳴き声
(安眠妨害)
発情期のドスがきいた鳴き声(数日続きます。主に春前、秋前)日中、縄張り争いをする猫同士の闘争と鳴き声、子育て中の仔猫のミャオミャオ声、親猫の呼び寄せ声
家への侵入
室内で飼われていた猫や一度家の中に入り込みエサにありつけた経験を持つ野良猫が家の中に侵入してしまう場合があるようです。その際、ドアの開け閉め時に侵入、過激な猫は網戸を突き破ったりして侵入することもあるそうです。
(管理人は今のところ未体験。近隣の方からも同様の被害は聞きません。)
ペットの影響
エサを食べられる、居座られ居場所を奪われる。
小型犬や老犬を室外で飼われている方は特に注意してみてあげましょう。猫はドッグフードも食べます。
病気
猫アレルギーの発症(目、鼻、のどのかゆみや痛み、鼻水、くしゃみといった症状が出たらアレルギーの可能性があります。)
トキソプラズマ症(猫からの感染に限って言えば、猫の糞を体内に取り込んでしまったケース。ウンチを食べることはないと思いますが、ガーデニングや畑で土を触る機会が多い場合は、手をよく洗いましょう)
その他
(精神面)
被害に悩まされ続けた場合の精神面の影響が出ることが考えられます。
鳴き声や物音に過敏になったり、可愛いと思って見ていた猫ちゃんを可愛く思えなくなったりもし、心が荒んでしまったのかと自己嫌悪に陥り自責の念にかられ、気が滅入ったりします。人それぞれの面ではありますが、精神衛生上好ましくないでしょう。(管理人も悩まされ疲れることがありました。)
※結構深刻なことになりますので、以下の二次被害の記載とせず、項目をこちらに作り載せています。

上記の他、間接的な二次被害を下記へ記載します。

項目
内容
糞・尿・ゲロ
ハエが飛び交う。土の中でウジ虫が大量発生!悪臭、不衛生
庭荒らし
作物の生育に悪影響
引っ掻き傷
木の腐食、腐食箇所から虫が湧く
:タイヤの摩耗過多、パンク、車のボディへの傷と修復費用
ゴミ荒らし
カラスや他の動物を呼び寄せる。不衛生
居座る
:他被害の誘発、他の猫も来るようになり複数匹の被害へ発展
鳴き声
安眠妨害の後、精神面への悪影響
家への侵入
猫アレルギーの発症。不衛生
ペットの影響
ペットのストレス、ストレスからの病気発症

住環境の分析

野良猫も人間と同様、日々普通に生活を営んでいますので、自分の家に野良猫が立ち寄るようになってしまったら野良猫達にもそれなりに立ち寄る都合があることでしょう。

野良猫も住処、寝床、狩場、休息、日光浴、トイレ、散歩、集会場所など様々な用途で行動範囲の場所を利用しています。
自分の住まいの環境から野良猫にとって都合の良い場所になる要素がどの辺りにあるのか確認してみましょう。

※一軒家の場合を想定して項目を上げています。

外壁(なし)

猫崎さんちのご主人様
オープンな駐車スペース

・外壁がない場合、出入り自由。敷地内を通り抜けやすく、出入りしやすくなる。
・外壁はあるが玄関先が駐車スペースでオープンな場合、入りやすいことでしょう。この場合も裏口への通り抜けが可能だとより出入りがしやすい。

外壁(簡易フェンス)

  • 簡易フェンスの場合、フェンスの下の部分、地面とフェンスの間に隙間があり、猫が容易に行き来できるスペースがある場合は、入りこみやすい(頭の入るスペースがあれば侵入可)。
  • 外壁の高さは、さほど高くない場合でも(ジャンプすれば入り込める程度の高さ)それなりの入りにくさはあるようです。
簡易フェンスの甘いわな❤
簡易フェンス 隙間に注意!

※管理人の家では、90cm程度の簡易フェンスを付けたところジャンプしてまでは入って来ていません。ただし、猫を見つけて追っかけた場合は、逃げた先のフェンスをジャンプして飛び越えていくことがあります。(飛び越えて行き来可能な場合でもそこまでして入ってこない場所もある。)

ウォー●ーを…ウォンチをさがせ
土や芝生、小石の庭は絶好の排便スポット!

・柔らかい土、芝生、日当たりの良いアスファルト、日陰になるアスファルト、この辺りは好んで居座る。

※管理人の近所の野良猫は、午前中は日当たりの良い芝生やアスファルトで日光浴、午後になって暑くなると日陰の芝生やアスファルトでくつろぎます。

花壇、畑

・花壇フェンスは高くなくても(20~30cm程度)あれば入りづらい。畑を囲うような高さのあるネットやフェンスがあれば物理的には入れませんが、ちょっとでも隙間があると入られてしまいます。
ただし好んで入るというわけではないようです。出入りがしやすく捕食動物に狙われた場合でも逃げ場を確保しやすい場所、目的地への通り道のような場所の場合に入るのを見かけます。

おもひでの花壇フェンス
高さはなくても入りづらい

※管理人のご近所の住居兼畑では、仔猫の子育て場所として使われてしまっているところがあります。(主に週末に住居を利用しているようで平日は不在の家)

・ハーブ、柑橘系などの香りが強い植物は香りが苦手。ただし苦手とされているレモングラスを食べてしまう猫もおり、個体差あり。
※管理人の家ではバジルを育てていますが、バジルは食べられはせずとも、土を掘り起こされたり糞をされています。

ガレージ、物置

ひとやすみひとやすみ
物置下は人気スポット!

・開けっ放しの場合、入り込む。車の上で寝る、休む。
・ガレージ、物置の下にスペースがある場合、そこで出産し子育てを始める。

玄関先

のきさきミステリー
【富裕野良】庭・エサ付き一戸建て

・一度でもエサをあげると玄関先に居座られてしまう場合があります。玄関先が心地良いというより、エサがもらえると思ってきているようです。また、天気の良い日の日光浴、雨の日の雨宿りにも利用されます。

家の裏口

(心と躰)裏(腹)口
裏口も通れれば入りやすく出ていきやすい

・猫が出入り可能な入口や隙間がある場合、通り抜けされます。また、追われた場合に逃げ道を確保できることから入り込みやすくなってしまいます。

※猫は行動範囲の場所をよく知り尽くしており、入り込みやすく出て行きやすい場所をよくわかっているようです。以前、少し物の配置を変えた際に入念にチェックする様子を見かけたことがあります。

軒下

のきしたサスペンス
避暑地、雨宿り、子育て場

・猫が入り込める軒下の隙間(猫の頭が入る隙間)があれば入り込める。子育て、雨宿りに利用。

屋根上

日光浴場
屋根上を悠々と。母猫が授乳がすることも

※レアケースと思います。
・管理人のご近所さんの家では、家の周辺に数メートル程の高い木が生えています。その木をつたって屋根上に登り、屋根上で仔猫に乳を上げている姿を見かけたことがあります。

地域環境の分析

野良猫が居付いてしまっているのには理由があります。安全な住処、豊富な狩場、本能的にはこの辺りが整っていれば、生活する分には事欠かないでしょう。安全を確保できる住処や豊富な狩場(≒食料調達場所)が住まいの地域にないか確認してみましょう。

安全な住処

  • 身を隠せるような塀、草木に囲われた場所
  • 捕食動物が入り込みにくい茂み、逃げ込めるスペースのある場所
  • 人間が入ってこない場所、廃屋や人が住んでいない家、閉鎖された人が寄り付かない工場施設、高齢者や害を及ぼさない人間が住んでいる家の床下、団地、マンションの駐車場、階段裏

豊富な狩場(≒食料調達場所)

  • 野良猫に餌付け、エサ遣りをする住民がいる地域
  • 主な狩りの対象のネズミ、野ネズミが生息する山林、雑木林、河川敷が近くにある地域

※野生の野猫と野良猫の違いはここでは区別していません。自分で狩りができる野猫は、住宅街ではない場所で生活していると思いますが、郊外では自然が豊富な場所と住宅街との境があまりない環境もあるため記載しています。

自宅の近辺に住処やエサにありつける場所がある場合、自宅付近を行き来されますし、エサを食べれば糞もします。糞の時間帯は個体差があり決まった時間とは言えませんが、食べたら自然と出るもの。と考えれば食後やひと眠りした後、糞をされやすく、自宅付近にエサを食べるところがあれば、自ずと糞をされる確率が高くなります。

また、地域環境は、自分で調べてみるより昔から長く住んでいるご近所さんや町内会の方に聞いてしまうのが早いと思います。
※管理人の家もご近所さんに話を聞いたら、引っ越す前の住民がエサを上げていたため、うちによく来ることがわかりました。さらには、引っ越す前の住民がいなくなった後に、近所の住民がエサ遣りを続けた結果、家の近くを住処にし居座ることになり、様々な被害に遭うことになりました。


まとめ

以上のことから被害の状況や住まい環境、地域の環境から野良猫による問題が発生してしまっていることが見えてきたかと思います。確認できた事柄から自分の状況にあった対策を練ることとしましょう。

どんな対策があるか確認しましょう。

対策手段まとめページ

まとめページはこちらから。どんな対策があるか、ざっと1記事にまとめました。

▲目次に戻る

猫のことについて知りたい方はこちらもどうぞ

猫の知識

猫の知識まとめページ

猫の知識をごった煮。まとめた内容を見る方はこちらから


スポンサーリンク