近所の放し飼い猫に困っている。猫対策どうすればいい?

糞や尿、車の上に乗っていたり・・・

 困っているけど、ご近所付き合いもあり、どうすればいいのか悩んでいる方もいらっしゃると思います。

 また、どちらのお宅の猫なのかわからない。放し飼いの猫なのか野良猫なのかもわからない。そんなケースもあると思います。

 こちらの記事では、そんな猫の対応方法としてどんなものがあるかを記載します。

▼目次

  1. 近所の放し飼い猫への対応方法
  2. 飼い主不明の猫への対応方法

近所の放し飼い猫への対応方法

隣の家の飼い猫や近所の飼い猫の場合、飼い主がいる(=所有者がいる)ことになります。この点を踏まえて対応を考える必要があります。

ご近所さんも困っていないか情報収集

ご近所付き合いがあるなら、ご近所さんにさりげなく同じように困っていないか聞いてみましょう。困っているのは自分だけじゃないのは心強いですし、協力してもらえるかもしれません。

また、誰かに相談する際、〇〇さんも被害に遭っていると伝えられます。

町内会へ相談

取っ掛かりとして、町内会への相談が第一歩と思います。会長さんが直接注意をしてくれたり、回覧をまわしてくれたりします。
※飼い主の方が町内会に入っていないケースもあり。

役所へ相談

役所に相談してもなかなか動いてくれないことは承知の上。猫よけを進められたりして終わることもありますが、相談できるところは限られていますので。

保健所へ相談

糞尿や車への傷、花壇を荒らす等、実害が出ているのであれば、動物愛護法でいうところの適正な取扱いができていないことになります。保健所から指導をしてもらえる場合があります。
(保健所の方もこの手の相談は数多く受けて手馴れていると思いますので、何かしらの手助けをしてくれると思います。)

警察へ相談

動物愛護法で言うところの適正な管理ができていないと思いますので、警察へ相談する手もあります。

それでもダメなら弁護士へ

実害が出ていて、何をしても改善されなければ、修理代金を請求する等、民事訴訟を起こせます。被害現場の写真やビデオを証拠として取っておきましょう。
(相談にもお金がかかりますので、無料相談ができるところへ)

弁護士に相談する際に、その他の対応を地道にしてきたなら、その実績がきっと役に立ってくれます。

アパート、マンションで困っている場合は大家へ相談

賃貸のアパート、マンションでベランダ、駐車場、共用スペース等で困っている方。一度、管理規約を確認してみてください。ペット可の物件でも室内飼いのみ可の場合が多いと思います。

大家さんへ注意等の対応を依頼しましょう。また、管理規約違反になりますので、退去を求めることも可能かと思います。

見も蓋もない対応方法

  • 自衛する(猫よけ対策)
  • 我慢する
  • 自分が転居する

以上、いかがでしたでしょうか?状況に合った対応ができればと思います。

※飼い主の方へ直接訴えかけることは、ここでは挙げませんでした。ご近所トラブルになり、余計な悩みが増えたり、アナタが猫を嫌悪していると勘違いされ、その猫に何かあった際に近所に吹聴され犯人に仕立て上げられることだって考えられます。

特にご近所さんがどのような方なのかわからない場合は、絶対に直接訴えかけるのは避けるべきと思います。


飼い主不明の猫への対応方法

 動物の所有者であることは、動物愛護法において以下のような猫に該当します。

第三章 動物の適正な取扱い
(動物の所有者又は占有者の責務等)
第七条 6
動物の所有者は、その所有する動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置として環境大臣が定めるものを講ずるように努めなければならない。
出展:文化庁「動物の愛護及び管理に関する法律」

とあり、

環境省「動物が自己の所有に係るものであることを明らかにするための措置(平成18年環境省告示第23号)」, 2006年, 環境省

の文書にあるように、首輪、名札、マイクロチップ、入れ墨、脚環等に所有者の氏名及び電話番号等の連絡先の情報が付されている必要があります。
(首輪があっても所有者の氏名、連絡先がなければ、所有者不明の猫扱い)

これらを踏まえて飼い主不明の猫への対応を考えます。

保健所へ引き取ってもらう

保護(捕獲)は、ご自宅の敷地内で、人知れず行うのがベスト(猫好きの方もいらっしゃいます、アナタが猫を嫌悪していることを知られると、猫好きの方とトラブルになることもありえます。)

また、所有者不明の猫が敷地内に侵入し被害に遭っている状況ですので、保護(捕獲)の際、怪我を負わせることのないよう十分に注意を払えば、みだりに傷付け、苦しめることには該当しません。

※地域によっては引き取りを拒否する保健所もあります。事前確認の上、実行に移すか判断が必要です。

警察へ拾得物として届ける

警察に拾得物として届け、警察から保健所に届けてもらいましょう。
仮に飼い主がいて迷い猫になっているのであれば、当然警察や保健所にも連絡しているでしょう。その場合は飼い主が引取りに来ます。

※警察へ届ける際は、以下の文書を持っていくと手続きがスムーズに進むと思います。

環境省「所有者の判明しない犬又は猫その他の動物が拾得された場合の取扱い等について」, 2014年1月14日, 環境省

その他の対応方法

  • 自衛する(猫よけ対策)

以上になります。
ご近所さんとの関係もあると思いますので、慎重に対応ができたら。と思います。アクションを起こす前に一度、ご近所さんとの関係も少し見直してみてはいかがでしょうか?
人情沙汰は怖いです。自分は悪くなくても色々な方がいらっしゃいます。

▲目次に戻る


スポンサーリンク