猫駆除に埠頭駅定食を使う前に読むべき

「不凍液」とは、車のエンジン冷却水の凍結を防ぐ液体。
冷却水が凍結してしまうとラジエーターの故障に繋がる。このため凍る温度を下げる(氷点降下)必要があります。
その役割が「不凍液」です。
不凍液、クーラントと呼ばれる冷却水には、多くのものに「エチレングリコール」と呼ばれる液体が含まれています。

この、エチレングリコールが、猛毒

※毒性については、後述します。

「埠頭駅定食」を振舞おうとまで考えてしまっている方には説明不要かもしれません。

毒性の強いエチレングリコールを含む不凍液は、猫駆除に使われることがあります。

この不凍液(埠頭駅定食)を使う前に読んでみるべき内容をまとめました。

  1. 致死量について
  2. エチレングリコール中毒症状
  3. 猫が摂取した後の様子
  4. 埠頭駅定食を食べさせる計画
  5. もし不審死が相次いだら
  6. あなたが疑われる可能性
  7. 被害に遭う猫が野良猫だけとは限らない
  8. 犯罪になるような行為はやめるべき、別の方法で

致死量について

5.5ml/kg
1.6~2ml/kg
ヒト 1.4ml/kg

目安は、

犬なら大さじ1杯
猫なら小さじ1~2杯

で致死量となります。

※一般的に高価なものほど、エチレングリコールの純度が高い。
※最近では誤飲防止のため苦味成分が入っているものが多い。
※もちろん余分な成分の含まれない製品も販売されている。

エチレングリコール中毒症状

  • 嘔吐
  • 腹痛、下痢
  • ふらつき、歩行困難
  • 過呼吸などの呼吸器系障害
  • 腎臓機能障害

摂取後、12時間以内に初期症状(嘔吐・腹痛、下痢、ふらつき、歩行困難)
24時間以内に中期症状(呼吸器系障害)
72時間以内に後期症状(腎臓機能障害)

けいれん、ふるえ、失神、昏睡と症状が重くなる場合は、死に至ります。

猫が摂取した後の様子

  • 明らかな衰弱や緩慢な動作
  • 食欲がなくなる
  • 水を飲みたがる
  • 座ったまま動かなくなる
  • 嘔吐する
  • 泡を吹き動かなくなる

その他、餌を食べなくなる、糞尿をされなくなる、姿を見せなくなる。などがあります。

埠頭駅定食を食べさせる計画

埠頭駅定食を食べさせようと考えている場合、慎重な方はどのように食べさせるか計画を練っているかと思います。

普通のエサを食べさせる

↓(好みの食べ物を見極める期間)

少量の不凍液を混ぜる

↓(致死量に至らない程度混ぜて食いつきを確認する期間)

致死量の埠頭駅定食を食べさせる

↓(その後の結果を確認する)

猫は、食べられる物か食べられない物か、嗅覚で確認しています。
猫の嗅覚は、犬程ではありませんが、ヒトの数万倍~数十万倍以上とされています。

このため少しでも食べ物に異変があれば、警戒して手を付けない場合があります。
これらを理解している方は、好みの食べ物を見極め、少量ずつ試しに餌に混ぜて反応を確認した後、一気に致死量の不凍液を混ぜ、駆除するやり方をします。

また、警戒心が薄く、好奇心が強い子猫の方が毒餌に引っ掛かりやすく、体も小さいため中毒症状がより強く出る傾向です。

もし、猫が食べてしまった場合、エサを食べなくなったり、糞尿の被害が明らかになくなるのですぐわかります。

すぐに重度の症状が出ない場合でも、腎臓等、臓器にダメージが残るため、影響が大きいです。

もし不審死が相次いだら

不凍液により猫が重体になったり、明らかな不調が人目にさらされるようになれば、毒餌による動物虐待を疑われます。

札幌市での猫6匹不審死のニュース

https://www.sankei.com/affairs/news/160519/afr1605190030-n1.html

2016年5月19日, 産経ニュース

このように不審死が相次いだ場合、動物愛護法違反の疑いで捜査対象になることがあります。

あなたが疑われる可能性

  • 普段から猫よけグッズを置いていたり、追い払ったりしていませんか?
  • 近所の人に野良猫の被害に遭って困っている。ようなことをこぼしていませんか?
  • 近所の人から猫嫌いだと思われていませんか?
  • 普段エサをあげないあなたが突然エサをあげだしている姿を目撃されていませんか?
  • 町内会や役所、保健所などに野良猫のことで相談をしたことはありませんか?
  • 毒餌に使ったゴミは、人目に触れないように処分できていますか?

少しでも思い当たるところがある場合、付近の住民の方はもっと色濃い目であなたを見ているはずです。
警察の捜査が行われるくらい問題が大きくなってしまった場合、住民からの情報提供にあなたの名前が上がる可能性が高いです。

もし、捜査対象になり、結果、嫌疑不十分になったとして、その後、今お住まいの地域で色目で見られ、住みづらく過ごすことになるかもしれません。

被害に遭う猫が野良猫だけとは限らない

いまだに放し飼いをする飼い主がいます。

埠頭駅定食も野良猫だけが食べてしまうとは限りません。
放し飼いの飼い猫が被害に遭った場合、大きな問題になることもあります。
犯人が見つかるようなことがあれば、損害賠償請求は免れないでしょう。

猫殺しは、犯罪予備軍として近所の人は考えます。
その土地に住み続けることも難しくなるでしょう。

犯罪になるような行為はやめるべき、別の方法で

当然ですが、犯罪になる行為、なるような行為は止めておくべきです。
どうしても野良猫にいなくなって欲しければ、別の方法を取るべき。

  • 保健所に持ち込む
  • 警察へ遺失物として届け出る
  • 動物愛護団体に引取りの依頼・相談する
  • 里親を探す

子猫であれば、迷い猫などとして警察に遺失物として届けた方が早いかもしれません。
成猫であれば、保健所に持ち込む。野良猫は引き取らない保健所もありますので、事前に確認をしましょう。

動物愛護団体への依頼、里親探しは、割愛します。

良心を望むならこの方法ですが、野良猫被害に遭われてしまう場合、被害が重度になるとその方に慈愛を求めるのも酷なことがあります。

酷い、猫が可哀想、罪はない

言うのは簡単ですが、こんな方法を考えてしまう程の被害を受けている人がいるのも事実です。
猫アレルギーの方は、生活に支障が出ます。
毎日、庭の糞を片付けないといけないのは精神的に厳しいです。
ノイローゼになってしまう人もいます。
多くの人は簡単に引っ越しできません。

普通の生活を送っている人でも猫の糞尿被害がひどければ、このような悪質な方法が頭によぎるものです。
それだけに糞尿被害は精神的にキツイもの。

野良猫の餌やりしている方、放し飼いをしている飼い主。被害に遭われている方の立場も考えてもらいたいです。迷惑にならない餌やり、飼い方を模索するべきです。

スポンサーリンク

こちらの記事も読まれています。

のらねこらむプロフィール

authorImage

のらねこらむ管理人

2017年4月に新居へ引っ越した直後から野良猫に悩まされる。
日々、野良猫との領地争いを繰り広げています。

対策グッズのほとんどは、実際に買って・試した結果をまとめたものです。
当サイトの情報が皆様の野良猫対策の助けになれば幸いです。
詳しいプロフィールは、こちら

新着記事