管理人の雑記(野良猫の事で保健所の職員と話して)

 保健所へ野良猫の事で相談をしています。投稿時点で進展があまりないのですが、保健所の職員との話で気になったところをざっと書いてみます。(保健所に相談した経緯や内容、その対応は別記事でまとめます。)

餌やりだけして野良猫が増える→生活被害が出てしまう。

このようなケースの相談が多く寄せられているようです。管理人も現状をお伝えしたところ、よくあるケース。とのことでした。やはり餌だけやって、糞尿の管理や不妊・去勢手術はしないもんですね。

野良猫の問題で困る地域は、必ず餌やりをする人がいて、餌やりに関して相談がとても多いのだとか。
それから餌やりする人は高齢者が多く、そして、指導してもなかなか止めてくれないことが多いといった話も。

また、役所や保健所に野良猫のことで相談や苦情が入る場合、放っておくとさらに数が増えて大きな問題になるケースもある。
だから、保健所としても対応をしていきたい。という話だったのですが、管轄している範囲が広く、どうしても後手後手になってしまうジレンマもあるのだとか。

この場合、役所の環境課など住民の生活に関する対応を行っている部署との協力が不可欠のようですが、役所もなかなか動いてくれないようなのです。(管理人の地域がまさにこのケース)

問題は把握こそしているが、対応が十分に取れない。といった現状のようでした。

苦情・クレーム・相談は、一戸建ての住宅街が多い

困っている地域は、どのくらい野良猫の数がいるものなんですか?

と聞いた時の回答。

数の問題ではなく、一戸建てが多い住宅街で問題になるケースが多いのだとか。

たしかに、数匹程度でも毎日のように庭に糞をされたらとても困ります。
逆に何十匹いようと被害がなければ、困ることはないわけで。(猫嫌い、猫アレルギーの方はたまったものではありませんが)

また、一戸建ての場合、庭に芝生や家庭菜園、花壇などを楽しまれる方も多いので、アスファルトの多い都心部では、糞をする格好の場所となっているケースが多そうです。

置き餌はカラスも呼び寄せる

保健所の職員の方の経験則では、置き餌をされてしまうような地域では、カラスに関する相談も多いそうです。

置き餌をするだけして、野良猫の食べ残しをそのままにするようなやり方だと、カラスも呼び寄せてしまうようですね。管理人の地域もカラスは以前からいるのですが、少し増えているような気もします。(管理人の地域も置き餌あります。カラスは爆発的には増えてはいませんが・・・)


保健所に相談した経緯や内容、その対応は、今後の動きを見てまとめたいと思います。


スポンサーリンク