野良猫往来調査結果2017年9月(考察)

 野良猫の往来を調査した分析結果から考察を記載。

※2017年9月1日~30日までの期間
※防フンカメラが確認できた範囲の記録
※分析のページは以下より確認できます。

CatData

野良猫往来調査結果2017年9月(分析)

野良猫往来調査の分析結果(2017年9月分)

管理人宅9月時点の対策と被害状況

トイレ化されていた庭部分の対策
  • 庭の土の部分は、砂利を敷いた。
  • 砂利の上から定期的にコーヒーかす、コーヒースプレーをしている。
  • 糞、マーキングをされた場合、すぐに捨て、熱湯&お酢で消毒&中和。
その他の対策
  • 家の裏手に通じる隣家との間部分の敷地に簡易フェンス(高さ90cm程度)を設置。
  • 簡易フェンスの下の隙間から入られていたので、その侵入口を塞いだ。
被害状況
  • 糞はほとんどされなくなっている状況。
    ※うちがされなくなった代わりに、向かいの道路沿いや隣近所の道路沿いに糞を見かける。
  • 庭や敷地内の侵入は時たま見かけている。(対策前よりは全然マシ。侵入されなくなってきた)

往来と被害の回数

往来と被害の回数の表

  • 管理人宅は、ほぼ被害なし。
  • 自宅付近に糞、マーキングをされている。
  • 敷地内の侵入は相変わらずある。
  • 往来回数、自宅付近の糞、マーキング状況から油断をしているとまた糞をされ始める危険性有り。

日別往来回数と被害回数のグラフ

日別往来回数と被害回数のグラフ

  • 9月上旬は往来回数が少なめ。
  • 9月中旬以降、猫屋敷の住民が餌やりを再開したことによって、往来回数が増加したと思われる。
  • 9月中旬以降、往来回数が増えてきたと共に、住居・施設侵入回数も増加傾向。
  • ※雨の日を横軸下に付けました。雨の日が少なく、丸一日降っていた日もほぼなかった為、雨の日の影響はあまりないようでした。

時間別往路/復路往来回数グラフ

時間別往路/復路往来回数グラフ

  • 復路(住処に戻る方向)が、5時、6時と多い。朝時間帯で餌やりをしている可能性がある。(管理人が発見した際は、夕方の時間帯だった)
  • 往路(住処から出ていく方向)が、7時、8時、9時と多い。餌を食べた後の散歩、パトロール時間か。
  • 復路が、19時以降増える。住処に戻り深夜時間帯は寝ていると思われる。

※糞のされている時間帯を確認したところ5時、7時台に2回ずつ計4回が朝時間帯に集中している。餌を食べた後の可能性がある。


行動別回数

行動別回数

  • 糞の回数が多くなく、されている場所も常態化(トイレ化)まではしていない。
  • グルーミング、体を掻くなどの行為は回数が少なく、居座る(休憩)場所にはなっていない。

猫別往来と行動回数

猫別往来と行動回数の表

  • 往来回数から縞母猫、母猫(盛)、尾短縞猫が主に往来しているのが分かる。
  • 母猫(盛)は、マーキングが8月終わり頃から激しい。発情期の可能性がある。
  • 母猫(盛)は、敷地内に侵入するケースも多い。これも発情期の予兆か?(8月以前より頻繁になっていると感じる。)
  • 縞母猫は、体をよく掻いているので、首をノミ、ダニにひどくやられているかもしれない。
  • 黒猫は、ほんとに通り過ぎるだけ。(道路を通るだけなら全然構わないのだが、他の猫共が・・)
  • 流れ猫は、8月以前は見たことがなかった。母猫(盛)と一緒に行動していることがあり、連れてきてしまったかも。
  • いじめられ猫(9月上旬死亡)、白猫(ボス)(行方不明、9月下旬に1度だけ発見)の為、往来無し。

猫別行動比率

猫別行動比率の表

  • 糞の犯人は、縞母猫、母猫(盛)、尾短縞猫の3匹。
  • マーキングは、母猫(盛)が主犯。マーキングの臭いに釣られて、尾短縞猫が上書きしているような状態。

以上から糞尿の被害はほぼ受けていないものの、油断はできない。
10月は、手持ちの忌避剤や超音波など追加の対策をしていく予定です。(管理人)


スポンサーリンク