猫じゃらしって東京弁らしいが、他の方言の呼び方を調べてみた

メモ:ねこじゃらし

和名:エノコログサ
別名:ねこじゃらし
英名:Foxtail grass

花穂が犬の尻尾に似ていることから「犬ころ草」と呼ばれ、転じて「エノコログサ」となりました。
漢字で書くと「狗尾草」狗(犬)の尾の草となります。

ねこじゃらしは、花穂を猫の前でフリフリするとじゃれつくところから。
猫をじゃらすもの。ねこじゃらし。というわけですね。

それから、英名は「Foxtail grass
キツネの尻尾草。やっぱり海外でも尻尾。発想は一緒。

学名は、「Setaria viridis

Setariaは、ラテン語「seta(剛毛)」が語源。
緑色の剛毛草ってとこですかね。途端に可愛げがなくなりました。

それから、ねこじゃらしは、東京弁みたいです。これが一番、えっ!?そうなの。って思いました。
それなら他に呼び方ってあるのかな?エノコログサはわかるとして、方言的なもので何かあるのかと。

えんのころ → 焼津市(静岡県中部地方)

ねこだま  → 北陸地方(新潟、富山、石川、福井)

ねこやなぎ → 出雲崎町(新潟県三島郡出雲埼)

ねこばやし → 播州(兵庫県南部)

「ねこばやし」は、大阪出身の人に聞いても知らなかったです。「ばやし」がじゃれるって意味みたいですが。

「ねこだま」なんかは、ねこだましってことですね。(たぶん)

ちなみに近所の野良猫は、ねこじゃらしには無反応。すっごく冷めた目で見てきます。

目つきの悪い野良


スポンサーリンク