猫よけ・消臭に重曹。効果や使い方、使ってみた結果

 重曹は消臭効果があって、猫よけにも使える。

当時、野良猫の糞被害に遭っていた際、色々な対策を探していた中で見つけた方法の一つです。

糞をされてはスコップですくい捨て、スコップを熱湯で消毒。こんなループの日々。
朝からやられていると気が滅入ります。体調不良を言い訳に仕事を休もうかと思ってしまうくらいです。とにかく朝の糞はダメージが深い。

そんな中、色々と猫よけ対策を探していた中で見つけた重曹による猫よけ、主に消臭。

重曹で猫よけってどうなんでしょうか?

  1. 重曹とは?
  2. 猫よけ重曹に期待する効果
  3. 重曹を使う際の注意点
  4. どういった重曹を使ったらいいのか
  5. 猫よけ重曹の使い方
  6. 管理人がやったやり方
  7. 猫よけ重曹を使ってみた結果

この辺りをまとめました。ご参考くださいませ。

重曹とは?

家のお掃除に使われている方は、馴染みがあるかと思います。

  • 弱アルカリ性 → 糞は酸性。中和して消臭の効果
  • 食物由来成分 → 自然界で分解される。環境に優しい
  • 粒子が細かい → 研磨作用、汚れを取る効果

ざっくり上げると上記のようなもの
ぱっと見は白い粉ですが、お掃除に適しているのがわかります。

猫よけ重曹に期待する効果

メイン

消臭効果
重曹を使うことで、猫のニオイを消すことが期待できる。

サブ

忌避剤として
重曹を撒いておくことで、そこを通ると猫の手足に重曹がつく。

「弱酸性はお肌に優しい」(唐突)

こんなフレーズをCMなどで耳にしたことはないでしょうか。

人も猫も体はタンパク質でできています。皮膚ももちろんそう。
アルカリは、タンパク質を分解する。強いアルカリ性のものを指先についたままにしてしまうと指紋が消えてしまったりします。
重曹はそれほど強力なものではありませんが、毛づくろいをよくする猫にとって好むものではないでしょう。
そんな忌避効果を狙ってのサブとしました。

重曹は自然に優しい

重曹を使う際の注意点

使う場所に注意!

変色やシミになるもの

アルミ・銅・木

キズが付くかもしれないもの

大理石(宝石類、クリスタルなど)

花壇

植物は、酸性を好みます。
重曹は弱とはいえ、アルカリ性。
花壇には撒けないものと考えた方がいいです。

猫の尿には使えない

尿はアルカリ性の成分が含まれます。
尿の場合は、漂白剤など塩素系の洗剤の方が効果があります。
重曹を使うとしたら、漂白剤などで掃除した後に。

どういった重曹を使ったらいいのか

お掃除用の安いやつで構いません。
重曹は純度というものがあって、純度が高いものは医療用に使われたりするらしいです。
猫よけに純度が高いものは不要でしょう。

例えばですがこんなものです。ホームセンターなどで売っている安いものを買いましょう。

猫よけ重曹の使い方

消臭効果の高さを考えると

粉のまま > 重曹水 > 重曹スプレー

といった感じです。以下、詳しく見てみます。

粉のまま

洗剤に付いているスプーンを使い、糞をされた周辺や猫よけしたい場所にまんべんなく撒く。
撒き方は、まんべんなく撒ければいいのでもっと良い方法がありそうです。
(管理人は、洗剤に付いているスプーンでやってました)

ただ、やはり粉が風で舞ってしまう。
粉を撒いた後にジョウロなどで水撒きをしておくと風に舞う心配がなくなります。

もちろん、糞は事前に取り除いておくことは必要です。

難点
  • まんべんなく撒くとかなりの量が必要
  • 雨が降ったら流される
  • 効果が持続しているか判断しづらい

それから、近所の人から怪しまれないように庭いじりをしているように振舞うのも大切だと思います。
猫好きの方もいらっしゃるかもしれないので、ご近所の配慮もしておいた方が良いでしょう。

見た目は水。飲まないように注意

重曹水

家の掃除用に使うなら、水1リットルに重曹を大さじ2くらい(30グラム)

猫の糞の臭さを考慮して、水1リットルに重曹を大さじ4くらい(60グラム)が良いでしょう。

野良猫の糞は臭いです。飼い猫の糞と違い、衛生的なものを食べてはおらず、下痢便はされていると精神的にキツイ。
重曹多めくらいが良いかと思います。

それから、水だと溶けにくいので、ぬるま湯で溶かす方が手っ取り早いです。
あとは、猫よけしたい場所にまんべんなく撒きましょう。

重曹水は、土に染み込ませて土ごと消臭するのを期待しての方法です。

重曹スプレー

家の掃除用に使うなら、水100mlに重曹を大さじ1くらい(15グラム)

猫の糞の臭さを考慮して、水100mlに重曹を大さじ3くらい(45グラム)が良いでしょう。

ただ、野良猫の糞の強烈なニオイにスプレーで対抗できるのかって話もあります。

重曹スプレーは撒くのが地味にしんどい

管理人がやったやり方

重曹スプレーを週2回、糞をされる庭にまんべんなく撒く。

単純ですがこれだけです。あとは雨が止んだ後になるべく撒くようにしていました。

しかし、この方法でしばらく続けていましたが、どうもすぐに乾いてしまい、効果の持続がよくわからない。防フンカメラで監視もしてましたが、いまいち効果が見えませんでした。

途中から粉を撒いて、その後にジョウロで水を撒く方法に切り替えました。

猫よけ重曹を使ってみた結果

管理人のケースでは、これを使い続けたら全面的に解決。なんてことはありませんでした。

やはり、来るやつは来る。

管理人の感覚だと、たまたま糞をしてしまったとか糞をし始めるようになってしまった猫であれば、効果がありそう。
こういった猫の場合、自分の匂いが導線になって、糞をしにくるようになってしまうので、習慣化する前なら消臭することはかなり有効だと思います。

一方、習慣化しているような猫。

餌を食べてちょっくら休憩、もよおしたな・・・いつものあそこに行こ。

くらいに習慣化してしまったような猫はしぶとい。多少ニオイが取れたくらいではいつものようにやってくる。
この場合は、他の対策と並行して猫よけを進めるしかないでしょう。

いずれにせよかなり根気がいる作業です。
雨が降ったら撒き直しが必要ですし、仕事前の朝に撒いたり、夜遅く暗くなってから撒くのはかなりしんどいです。

ですが、猫は自分の匂いで寄って来てしまっているのは確かだとは思うので、意味のある対策なのは間違いないです。
糞だけでなく、家の周りに尿(マーキング)もされていないかチェックするのも良いかと思います。


以上になります。野良猫の糞被害に遭われている方は、日々大変なご苦労をされていると思います。少しでも解消に向かうことを応援しています。(管理人)


スポンサーリンク