【猫よけ超音波】ペストバイpestbyレビュー1ヵ月使ってみた結果

超音波にも色々あります。コレは比較的安い商品

 猫よけの超音波装置は様々なメーカーからたくさんの商品が出ています。2,000円前後の物から10,000円近くするものと価格帯も様々です。

できることなら安く済ませられれば・・・というのが心情というもの。管理人もそう思い試してみたのがこの一品です。

実際にどんな風に使っていたか、途中経過、約1か月使い続けた結果どうだったのかを報告します。これから試そうという方、ご参考くださいませ。

※使用した超音波装置は、「ペストバイ(PestBye)超音波動物撃退装置」になります。

▼目次

  1. 【製品仕様】電源、感知方式・範囲、特長
  2. 【効能】超音波を嫌がる理由
  3. 【手順】こんな風にやっていました
  4. 【途中経過】こんなことがありました
  5. 【結果】1か月続けた効果は如何に

【製品仕様】電源、感知方式・範囲、特長

pestby製品仕様

製品名 ペストバイ(PestBye)超音波動物撃退装置
サイズ 高さ10.5cm, 幅10.5cm, 奥行き4.7cm
重量 222g
電源 単2乾電池4本
感知方式 赤外線モーションセンサー
感知範囲 最大直進約7m, 広角約80度, 面積約17㎡
音量 感知範囲内で聞くと超音波の発生音が「キーン」と聞こえる。
(大人はほぼ聞こえない)
防水 「防水タイプ」という記載のみ※完全防水ではないと考えた方が良いと思われます。

製品仕様は以上の通り。

補足①説明書

pestby説明書

補足②電源

長持ちさせたい → アルカリ電池
液漏れが心配なら → マンガン電池

1日に10回作動した場合で、通常3~4ヵ月稼働

補足③感知範囲

ペストバイ感知範囲=17㎡

補足④音量

超音波発生時の「キーン」という音は、子供や耳の良い大人が多少聞こえる程度。耳に鳴り響いて不快になる程の音量では聞こえないようです。隣近所に迷惑がかかるような音量ではないでしょう。

※大人の方にはほとんど聞こえないと思います。(管理人(30代)は、キーンという音が多少聞こえる程度です)

補足⑤防水

完全防水ではないようです。「防水タイプ」と記載があり、商品説明にも「防水タイプなので、どんなお天気の時も野外に置いておけます。」という記載はあります。電池のカバーもネジでしっかり留めるタイプですのでカバー部分から水が流れてしまう恐れも少ないと思います。強い雨でない限りは大丈夫そうです。

※安い価格帯の超音波装置はよく壊れるというレビューが散見されます。初期不良、一ヵ月経たないうちに壊れた、雨が降ったら動かなくなった。など、すぐに壊れてしまうこともあるようです。完全防水と明記がないため、屋根の下で雨が降りかからない場所に設置して使うことをお勧めします。

補足⑥保証について

メーカー保証は付いていません。初期不良等は、販売店の規定に基づく対応となります。(例:購入後1週間以内の初期不良は返品交換対応)


【効能】超音波を嫌がる理由

製品仕様には以下のような記載があります。

「猫や害獣には聞こえる、非常に大きな雑音の周波数を発します。 この周波数は殆どの人には聞こえませんが猫に対しては、不快感と恐怖感を与えます。」

また、赤外線モーションセンサーで、猫の動きに感知した時に超音波が放射されることで、猫が「自分達の動きにより装置が作動し、自分達の存在と不快音と関係があることがわかると、その関連性を学習し、そのエリアに近づかないようになります。」との記述があります。


【手順】こんな風にやっていました

基本的には入られたくないところに設置するだけです。実際に管理人がやっていた手順を紹介いたします。

設置前に糞の清掃

糞尿は臭いが残らないように片付けました。単純に汚いというのもありますが、糞尿を残しておくと日課のようにやってきます。

よくやってくる場所というのは、侵入の仕方を体で覚えており、視覚で物の配置を覚えているだけでなく、嗅覚でも記憶しています

ですので、臭いを消しておくのも重要なことです。

設置場所

自宅と隣家との間の裏手の通り道に設置しました。裏手の通り道を通ろうとしたらセンサーが感知するように設置しています。

※お隣の敷地内に人が出入りしても感知しないように位置を調整しました。
※家の壁際に設置しており、雨をしのげる場所に設置しています。

効果を確かめる為、防フンカメラを設置

防フンカメラは庭先に設置しており、裏手の通り道の出入りを確認できるようにしました。
※防フンカメラの設置位置の関係上、超音波装置本体の見える位置ではありませんが、猫が裏手の通り道の出入りをしているところは確認できます。

上記を1ヵ月続け、効果を確認しました。

設置後、雨の日もそのままにしておき様子を見続けました。


【途中経過】こんなことがありました

センサー感知した後の計12回の行動パターン

1ヵ月間で防フンカメラで観測できた12回

回数 行動
3回 超音波に気付いた様子が見受けられない、裏手口を通り抜けてしまう。
3回 超音波に気付くが、逃げずに裏手口を通り抜けてしまう。
6回 超音波に気付き、裏手口から引き返し立ち去る。

庭からは出て行ったが隣のお宅にマーキングしてしまう

庭からは出て行ってくれるものの、音があまり届いていないと思われるお隣宅の花壇にマーキングすることがありました。遮蔽物があったり、5m以上離れていると平気な様子でした。

超音波に気付いて立ち去った後、隣家の裏庭から侵入してしまう

超音波に気付き、その時は立ち去りました。10分程度した後に隣家の裏庭から侵入されました。おそらく表から入れなかったのでわざわざ裏から入ってきたと思われます。執念深い。

隣家の裏庭から侵入されたと思われる場所は、超音波の届く範囲ではなかったため、設置場所を変えたり複数台で侵入を防ぐ範囲がカバーできれば結果は変わっていたかもしれません。


【結果】1か月続けた効果は如何に

管理人が1ヵ月続けた結果は、猫によって反応に差があった。裏手の通り道を通らせないことを期待したが、そのまま通り抜けてしまう猫や隣家の裏庭から侵入してくる猫がいた。

猫によって差が出ると思われること、初めてくる猫(縄張りの拡大や発情でメス猫を求めているオス猫など)は、超音波装置があることを知らずに入り、立ち去らずに通り抜けてしまうことがあり得る。

かと言って、侵入されてしまった場合でも敷地内に居続けたりはしなかったので一定の効果はある。ある程度長い目で効果を期待した方が良いと思われる。

また、猫によっての差は以下のものが考えられます。

  • 仔猫や臆病な猫にはそれなりの効果を発揮する。
  • 縄張りの主張が激しいオス猫やその場所に執着のある猫の場合、効果が薄い可能性がある。
  • あまり驚かず、立ち止まって音を確認したりする素振りの猫は、じきに慣れてしまうと思われる。

こればっかりは試してみないとわからないところです。

それから、1ヵ月使い続け、故障することもなく稼働してくれるところは頼りになります。
ソーラー式充電タイプと異なり電池式ですので、雨や曇りの日が続いていても稼働してくれます。陽が当たりづらい場所に設置ができるのは利点です。

背面はネジ止め※管理人的には電源が電池式というのはポイントでした。設置場所の陽当たりが悪く、気付いたら止まってしまった。なんてことがないのは良い点ですね。
※電池の裏蓋がネジで止めるタイプで、電池交換にひと手間かかるのが難点。

また、大きいものではないので、地面に直接置いたり、壁や柱に掛けられたり、置き場所の融通はききますね。

以上になります。ご参考くださいませ。


本商品は、amazonより購入できます。以下、ご参考ください。


▲目次に戻る


スポンサーリンク