野良猫の引っ越し。住処、寝床を変えることはある?

犬は人に付き、猫は家に付く

という諺があるように、猫は住み着いた場所に執着すると言われています。

もちろん住み着いた場所には、寝床や餌場があり、繁殖が行え、天敵など身の危険が少ない、安全な場所を選んでいることでしょう。
それでも時折、よく見かけた野良猫を見なくなったり、少し離れた場所で目撃したり、引っ越しでもしたのかな?なんて思うことがあります。

野良猫って引っ越しはするのでしょうか?

前述で住み着いた場所について少し触れましたが、野良猫の習性から考えると理解しやすいかもしれません。

猫の足跡にゃんにゃんにゃん

野良猫は自分の縄張り(テリトリー)を持っている

野良猫は、住んでいる場所を中心に、半径200~500m(メスはその半分)程度の範囲を生活圏としています。この中で、住処の付近には寝場所、休憩場所、見張り場所を持っています。

そして、行動圏には、餌場・狩場、休息場所となる一休みできる場所、身を隠せる場所、暖まれる場所、など様々な理由で定期的に訪れる場所を持っています。

普段はこの住んでいる場所を中心に、自分のテリトリー内をパトロールのように定期的に訪れ生活をしています。

野良猫は自分で餌を確保しなければいけない

ネズミ捕るのも単独です。群れを作らず、1匹で狩りをする。だから縄張りを持ちます。

この縄張りの中で餌を確保し生活をしていきますので、自分の縄張りを他の猫に取られてしまうと大変です。このため、1日の中で定期的に自分の縄張りをパトロールするように訪れるのです。

そして、他の猫と縄張り争いがあるのもこのためです。縄張りを奪われてしまったら死活問題ですからね。

人だってそうですね、縄張り争いや抗争ってつきもの。任侠やマフィアの世界は、利権が掛かかれば命がけ。やはり死活問題なので。

エサにありつけなければ、引っ越しもある

野良生活では、餌やりする人がいなければ、エサが豊富にあることの方が少なく、飢えればエサを求めて移動する場合があります。
そうなれば、住み慣れた縄張りを離れ、新たな縄張りを求めて彷徨うことはあるでしょう。

身の危険を感じて、引っ越し

何かしら身の危険を感じれば、移動をせざるを得ない場合もあるでしょう。

住処だった場所に野生動物が訪れるようになってしまったり、人の手が入ってしまったり、冬になり草木が枯れたせいで身を隠す場所がなくなってしまうことだってあるでしょう。

縄張りを追い出されてしまったために、引っ越しを余儀なくされる

新たな餌場、住処を求めて彷徨う流れ猫と縄張り争いになることもあります。
ケンカに負けて他の猫に追われれば、引っ越しをせざるを得なくなることがあります。

縄張りを奪う方も守る方も必死です。ちょっと追い払う程度で済まないこともあり、大怪我をしてしまう場合もあるくらいです。本当に必死です。

若猫の巣立ち、母猫の元から新たな場所へ、引っ越す

若オス猫は旅立つ生後3ヵ月も過ぎれば、母猫は次の繁殖に備え、徐々に子離れしていきます。

メス猫は母猫と一緒に住処に留まることもありますが、オス猫は別です。母猫がきつくあたったり、追い払われたりする場合があります。

オス猫は、生後1年もすれば発情し、交尾をすることができるようになります。このため、近親交配を避けるためには、本能的に必要なことなのでしょう。

※近親交配を避けるためで言えば、縄張り争いも理に叶ってますね。ケンカに負けた猫が他の地域に移動すれば、異なる血を入れて繁殖していけますから。

子連れの母猫の引っ越し

子育ての時期には、数回引っ越しをする場合があります。

  • 天敵から身を守るため、より安全な場所を求めて
  • 住処の衛生面から移動する

ずっと同じ場所に留まっていると、徘徊して獲物を探す野生動物に襲われる危険性があります。
そう思えば、まだ歩けるか歩けないかの仔猫の襟首咥えて移動する理由もわかります。
これは、室内飼いの飼い猫も寝場所を移動することがあるように、自然の中で生きてきた祖先がこうして身を守ってきた本能的なものなのでしょう。

また、住処にずっと留まっていれば、不衛生な状況になることも考えられます。そうなれば病気の心配も出て来ます。
それから臭いで天敵に気付かれる場合もあるでしょう。こういった理由もあるかもしれません。


仔猫達の大移動

餌場がなくなったら引っ越しするのか?(管理人の近所の野良猫のケースより)

管理人の近所の野良猫達の中には、住処を移動した猫がいます。

管理人の自宅の近くに猫屋敷があります。この猫屋敷は、雑然とした敷地で広さもそれなりにあったため身を隠す場所が多く、こちらの住民が定期的に餌も与えるため、住処とするには適した場所でした。
こちらでは、6匹程の野良猫達が住処として利用していました。

この猫屋敷の住民が一時期、餌やりを止めた時期があり、餌やりを止めてから1ヵ月経過した辺りから徐々に移動をしていったようです。
現在は、住処として使っているのは2匹のみで、他4匹は定期的には訪れているようですが、頻繁に目撃することもなくなっています。

他4匹の移動先は、500m程度離れた先にもう1軒の猫屋敷があるのですが、ほとんどはそちらに移動したようです。

管理人の住む地域では、餌やりをする住民が複数いるため、餌には事欠かない環境です。このためか縄張り争いでケンカをする様子はあまりなく、野良猫達は縄張りを共有できる環境で暮らしています。


以上になります。
他にも猫嫌いな人間にとっ捕まり、強制的に引っ越しさせられるなんてこともあるでしょう。


野良猫の普段の寝床。こちらもご参考ください。

bedroom野良猫はどんな所で寝ているか?寝場所、寝床

どんな所が好みか、都会ではどこ?野良猫達の寝床について


スポンサーリンク