野良猫の餌やりを注意されてしまった。可哀想な猫達をどうしたらいいか

 役所の職員や保健所の職員、社会福祉士の方などから注意を受けた場合、厳しい言葉をかけられたと思います。

また、役所や保健所の職員の方が注意をする場合、苦情を入れた方の話を聞く以外にも現地の状況を実際に確認されたり、野良猫による問題を把握した上でお宅へ訪問をしていると思います。その為、口頭で注意を受ける際は、それなりに厳しい言葉をかけられることがあるのです。

管理人の地域でも野良猫への餌やりが問題になっています。
町内会では回覧による注意喚起、役員の方が餌やりしている方のお宅へ訪問しお話を伺ったりしてきました。そして、役所への通報、苦情も多く、役所の職員も餌やりをしている方のお宅へ足を運んでいます。

管理人も野良猫の糞尿や鳴き声に悩まされている一人で、餌やりをしている方に対して、快くは思っていません。

こちらでは、餌やりができなくなってしまったらどうすればいいかをまとめますが、管理人は、野良猫の被害に遭っている一人だということを先にお伝えさせていただきます。

※家で飼え、飼えないなら餌やりするな。被害に遭っている人のことを考えろ。などあまり意味のない一方的な話は載せていません。

餌やりしている場所と時間を変える

役所や保健所の職員など注意をしてきた方から、

「続けていると損害賠償など裁判沙汰にもなり兼ねない」

こんな説明を受けてはいませんか?

それでも、どうしても餌やりを続けたい、続けなければいけない理由があるなら、餌やりをしている場所と時間は変えるべきです。

通報を行った方は、餌やり場所の付近の方である可能性が非常に高く、餌やりの場所やあなたの事、あなたのご自宅も把握されているかもしれません。これ以上、同じ場所で餌やりを続けることは、控えるべきです。あなたの家で餌やりをしている場合も同様です。

人目につかない時間に人目のつかない場所があるならそちらで餌やりをしてください。
ただし、自分の土地でもない、公の場か他人の所有地となるわけですから、問題になれば責任を取る必要があります。
また、そんな都合の良い場所がない。というなら、餌やりは止めるべきです。

人目を避けて餌やりを続けたところで、被害が続いている状況であれば、遅かれ早かれまた問題になりますから。

管理人の地域のケース

管理人の地域でも餌やりをしている方が、餌やり時間を日中から早朝に変えたことがあります。
しばらく気付かずに餌やりを続けていたと思うのですが、新聞配達の人が早朝に野良猫がたくさん集まっているのに気付き、町内会長に連絡。町内会長が早朝の3時、4時の時間帯に2日間張り込みを続け、2日とも餌やりをしていることを確認し、再度、役所の職員から注意を受けるということがありました。

地域猫として地域で管理していくよう働きかける

不妊・去勢手術を行い、給餌と糞尿の管理を住民の有志の方達で行い、地域の猫として面倒を見れるように、地域に働きかけをしてみてはいかがでしょうか?

地域猫を奨励している地域であれば、自治体の協力の元、住民達との話し合いの上、地域猫として面倒を見る環境を作れるかもしれません。

ただし、野良猫を地域猫として面倒を見るためには、適切な手続きや管理が必要です。

  • 地域の合意
  • 給餌の管理
  • トイレの設置・管理
  • トイレ以外の糞の処理、清掃
  • 不妊去勢手術
  • 猫の管理。数、個体識別、健康状態の把握
  • 猫の譲渡(飼い猫化)

例えば、野良猫の糞尿に困る方は多いのですが、トイレの管理から始めてみるなど、ご自身の振る舞いを改めてみるのもいいかと思います。餌やりだけして、それ以外のことは何もしていなかったら、誰かがあなたの話を聞いてくれるとは思えませんから。

一時的に保護して里親を探す

飼えることならすでに飼っているのだと思います。飼えないから簡単な話ではないわけで。
飼うことはできないにしろ、一時的に保護して里親を探すことはできないでしょうか?

里親を探すためには、一時的に保護し、里親が見つかるまで面倒を見てあげる必要があります。動物病院に連れていってあげたり、新しい飼い主に早く慣れてもらえるように人馴れさせてあげたり。トイレをしつけたり。

野良猫が可哀想。だけど自分の家では飼えない。というなら、本来はこうするべきだったのかもしれません。野良猫も好きで野良猫になったわけではないし、外での生活で病気や怪我もつきもので、それが可哀想だと思うわけですから。

ただし、餌やりの注意を受けている場合、周囲の方への配慮は必要です。事情を説明し、里親が見つかるまで家で面倒を見ていることを周囲の方へ伝え、了承を得ておくべきでしょう。

もし、ご近所付き合いがなく、周囲に伝えるのが難しい事情があれば、役所の職員や保健所の職員など注意をしに来た方を通じて、せめて苦情を入れられた方には保護する事を伝えていただいた方がいいでしょう。事情を知らずにあなたと野良猫が一緒にいる姿を見たら、また通報されるかもしれません。

動物愛護団体や猫ボランティアの方へ相談する

動物愛護団体や猫ボランティアの方へ事情を説明し、保護を引き受けてくれないか、野良猫達を助けられる手立てがないか相談をしてみましょう。事情によっては、保護を引き受けてくれるかもしれませんし、里親を探すアドバイスや手伝いをしてくれるかもしれません。

アニマルシェルターに引き取ってもらう

飼い主のいない猫を有料で引き取ってくれる団体もあります。
アニマルシェルターの詳しくはこちらでは書き控えますが、猫の保護活動をされている団体です。

利用する場合、有料です。

金額は、月齢や年齢で変わったり、猫の健康状態によっても変わります。最低でも数万円は引取に費用が掛かります。さらに受け渡しに交通費がかかればその費用ももちろん余計にかかります。

※数万円の引取り費用が高いと思う方もいるかもしれませんが、責任をもって面倒を見るとお金がかかるものです。
※1匹の猫を飼育する場合、終生ちゃんと面倒を見続けると200万円以上のお金がかかります。


以上になります。
周りに迷惑をかける餌やりは、猫達も嫌われ者になってしまい、結局は可哀想な思いをします。また、注意をされて憤りもあるかもしれませんが、自分がしたことで誰かに迷惑がかかってしまったというのは事実です。猫達のことを思う気持ちを周りの人達の気遣いに少しでも分けていただければと思います。(管理人)


スポンサーリンク

関連する記事はこちらです。

    Sorry... No related article