野良猫の餌やりを止めるとどうなる?近所の住民が止めた結果

 糞尿の被害に遭っている方は、さぞ無責任な餌やりをする住民に腹を立てていることでしょう。そして、餌やりをしているからこの地域に居付く、さらにはうちに糞をしにやってくる。と、怒りの矛先は猫にではなくその住民に行く方も多いのではないかと思います。

 そんな住民が餌を与えるのを止めてくれたらどうなるか。住処の移動、自然淘汰、最終的には糞尿の被害がなくなる。などと考えたりするものかと思います。

 しかし、地域の環境や餌やりを止めない住民も少なからずいることが多い為、実際にどのような結果になるかは、それぞれと思います。

 こちらの記事では、管理人の地域の実態を例に挙げ、実際に起こったことをまとめます。

※管理人の地域のケースでは、複数の住民が餌やりをやっており、役所から注意をされてもやり続ける方がおりました。一部の方が止めた結果どうなったかの内容になります。
※必ずしも餌やりを止めたことと因果関係があるかはわかりません。

管理人宅の周辺マップ

自宅周辺マップ

時系列でどうぞ。

2017年
出来事
4月
(役所) 回覧にて餌やりの注意喚起
6月21日
(管理人)餌やり現場を目撃し、役所へ相談
6月22日
(役所) 役所から餌やりしている住民へ直接注意
 ※以降、注意を受けた猫屋敷の住民A餌やりを止める
6月下旬
(野良猫)4匹出産(近所の猫屋敷)
7月上旬
(野良猫)子育て場所を移動(近所の別荘宅。通称猫別荘)
7月18日
(管理人)役所へ道端の糞、出産による増加を相談
7月下旬
(野良猫)仔猫3匹姿を消す
8月
(野良猫)白猫が姿を消す。(近所の猫屋敷をねぐらにしていた)
(野良猫)黒猫が近所の猫屋敷を住処として使い始める。(以前は立ち寄る程度だったが)
8月12日
(野良猫)1匹仔猫発見※上記と別の猫(この時点で仔猫の生存は2匹)
8月13日
(役所) 回覧にて餌やりの再注意
8月15日
(野良猫)仔猫1匹姿を消す(この時点で仔猫の生存は1匹)
8月下旬
(餌やり)餌やり住民Bから野良猫が増えてきて困っていると話を聞く。
(野良猫)近所の猫屋敷から500m程離れた場所(別の猫屋敷)へ徐々に移動していると思われる。
(野良猫)出産。また別の野良猫が出産(数未確認、近所の猫屋敷とは別の猫屋敷付近)
8月24日
(餌やり)近所の猫屋敷に餌やりをしにくる遠征餌やり住民Cを発見
9月8日
(野良猫)キジトラ猫が道端で亡くなる。(管理人が発見、役所で引取)

猫屋敷の住民Aさんが6月22日以降、餌やりを止めていただけました。そして、8月に白猫が姿を消し、代わりに黒猫が居付きました。

また、6月に野良母猫が出産し、一時期近所の猫屋敷では5匹以上の仔猫がいる状況でした。

その後野良猫親子は、近所の別荘宅へ子育て場所を移動していましたが、1匹の仔猫を残し見かけなくなりました。(9月上旬)

また、キジトラ猫(通称いじめられ猫)が道端で亡くなっていたのを発見。餌やりを止めたことと因果関係はありませんが、外傷も特になく自然死?といった状況です。

管理人のケースでは、近所の猫屋敷の住民が餌やりをやめてくれましたが、その後、遠征して餌やりにくる住民が出てきてしまったりと、さほど状況が変わっていません。

野良猫も餌をもらいやすい少し離れた場所へ出歩くことが多くなりましたが、近所の猫屋敷を住処として使っているのは相変わらずです。

結論としては、

  • 猫屋敷の住民が餌やりを止めたら、別の住民が遠征して餌やりを始めた。
  • 白猫が猫屋敷を去ったが、黒猫がやってきてプラマイゼロ
  • 仔猫は5匹以上いたが、生き残りは1匹になった。※その後成長し野良猫として生活しています。

といったところが管理人の地域のケースとなりました。この後の状況も動きがあった際にまとめさせていただきます。

なんだかあまり参考にもならないような結果ですが、少しでも参考になればと思います。
下記もご参考に(管理人)

鮭を手渡しで餌やり【野良猫】餌やりを阻止する方法

餌やりを阻止するために考え得るあらゆる手段を!


スポンサーリンク